Entries

谷田川

釣果:0 [またやっちまった!^^;]
 西がダメなら東があるさ!と、やってきた。谷田部で降りて、すぐ川だが、どこがいいかな・・・。とにかく車が駐められて足場がいい所を探した。川沿いの道は悪路のところが多い。所長「ここは人いねえなあ・・・ダメ」B「人がいないとダメなんすか?^^;」ということで、水道管のあるここ(橋の名前無し)が、護岸もあってよさそう。(人はいたが、帰るとこです -_-;)バランスの仕掛けを、投入してみると、流れが結構あるので、13尺x0.3号のドボンで開始。水深は、1本半ほど。底1番+底釣り+宙バラ(1.1.3)魚はいそうな感じだが、浮子は動きません。1ボウル目のエサが残り少なくなってきたが、依然アタリは無い。そこで試しに両グルテンに。程なくしてアタり、小マブが釣れた。その後ぽつぽつ釣れるがマブナばかり。風が下流方向からに変わり、ゴミが大量に流れてきてやりにくい。その後さらに風も強くなり、太陽は西へ(この川は南北に流れているからね)逆光になった。という事で終了。あ~、もう行くとこ無いよ。次回はリハビリかな・・・(^o^;)
20160529.jpg

高滝湖 [不入ワンド]

釣果:2枚 8:30~18:30 竿:15尺 タナ:3.5mバランスの底
 今日は、巨べらで有名な?ここの湖に初挑戦。どちらかと言うとバスで有名だ。所員Bは先週の休みからマッシュやらハリやらを買い漁り、準備万端のようだ。さて到着してみると、へら師が…居ない!しかしここは、比較的、湖の周回がしやすい。とりあえず目標の「給水塔」を目指すと、だーれも居ない。今日は東の風が強く。ここで座を構えるともろに正面からの風だ。自分は短竿でメーターダナ位で問題ないと考えていたが、所員が「お前、バカだろ!?それは乗っ込みん時だよ!!」いや自分はその後もそんな感じでやるのがここの釣り方だと考えていた。まあしかし、初挑戦の場所で釣れた事がない(^O^;)ので、とうせ「デコ」なんだから「じゃ、どこでも良いぜ!?」と、もう少し廻ってみることにすると加茂橋のたもとにへら師発見!行ってみると、4,5人の釣り人が長い竿を振っていた。では…と自分達は風を考え、その隣の「とうとう橋」の横のワンドで座を構えた。風もあるのでとりあえず丈五で始める。もっと浅いかと思ったが、けっこう深い。マッシュベースのダンゴ餌でスタート。なんと所員は2m位の宙でスタート。すぐにギルの餌食だ(^O^;) こちらは少し右に振り込むと、掛かりが有り、駄目だ。左寄りに振り込むようにし、小一時間すると一節入った。アワせると、ギュギュギュー!糸鳴りする。…所員も「お!?なんだ?これはぁ~…でけぇ~」…60cmはあろうかと言う鯉(^O^#) ハリスを取り替え、しばらくすると、しっかり入った。今度は何か大きな鱗がついて来た。しかし鯉程の大きさでは無い。期待は一気に高まる。すると、鋭いアタリ。重たい…しかしけっこうおとなしい。これは…巨べらにしても重過ぎる。今度は70cmはゆうに越えているまんまる太った鯉。ただおとなしい。最後までおとなしくハリをはずされ、帰って行った。助かった~。仕掛けもガッチリだし、あんなのに暴れられたら、軽く竿をやられていただろう。危なかった。その後、今度は、10cmと50cm位の鯉。ここは鯉しかいないのか!?「底なんかやってっからだよ!!」と所員がからかって来るが、その間所員はズーーッとギルを釣っている(^O^;) しかし、昼飯も食ってしまって、あーうんざり!と言って車に昼寝に行ってしまった(-_-) 鯉も居なくなったのか、アタリも無い。しかし更に一時間程すると又浮子が動き出し、一節アタリ。又鯉かぁ!?と思ったが、今度は様子が違う。やたーー!!ついに本命を仕留めた\(^O^)/ ここのヘラは体高が高いのが特長と言う印象であったが、あまり綺麗ではないが、初場所なので御容赦頂きたい。何はともあれデコ脱出は嬉しい。昼寝に行った所員をたたき起こし、この後8寸程を一枚追加して、日没近くになり納竿とした。もう少し、勉強してから又、挑戦したい。
20160515.jpg

大津川 [ヒドリ橋上流] (手賀沼)

釣果:0枚 11:30~18:00 竿:13尺 タナ:1.3m バランスの底→ドボン
 今日はこの場所が良いなぁ…昨年、所員が良い釣りをした。今年は天候や流れを気にして釣行を何回か逃したが…今日なら…とやって来た。到着すると、けっこうな釣り人が…。いろいろな場所を探してみるが、地元でないので入り方もままならない。そうこうするうちにやっと良さげな場所を見つけ、釣り台を設置。用意をしていると、所員が「上流対岸でやっている釣り人が、ヘラらしき物をあげた」と言っている。期待は膨らんだ。グルテンのセットでスタート。所員Bは少し離れた所で…両ダンゴっぽい。東風がけっこう強いが、後ろからになるので、苦にはならないが、波立つのがなぁ…なんて思っていると、所員Bが早速鯉にやられた!と言っている。ほほう…魚いるんだ。しかしこちらは、全く何も起こらない。所員B…既に飽きたようで「おい!おにぎり食ったらやる事ねえぞ(-_-)」と言っている。その時所員Bアワせた!!おお!先調子の竿が手元から胴調子に曲がっている。良い感じの…鯉だ(^O^;) 風も収まって来て良い感じ。とっきどきアタリがあるが、糸ズレか?全くアワせても感触が無い。その後、東風とは逆に、西よりのすんごい風…ここで所員は諦めたようで、片付け始めた(^O^;) 自分もやめようか…とも思ったが、風が収まっていた時に、けっこうアタっていたので、もう少し…と同じ丈三のドボンに変えた。所員が「何だよ!やめたんじゃね~のかよ!」とご立腹で車に戻った時、アタった !!おおでかい\(^O^)/ やめなくて良かった~と取り込もうとすると…アッパーだった(T_T) 40は越えてるようだが…。泣く泣く次投。すぐにアタった。こんどは、赤耳ガメ(-_-#) しばらく続けるが、糸ズレなのか、カラツンばかりなので納竿とした。しばらくの間ここでの挑戦をしたいと思います。
20160508.jpg

川田谷

釣果:0枚 11:30~18:30 竿:14尺→13尺 タナ:1.3m バランスの底
20160505.jpg 今日はどこへ行こう。ずーーっと悩んでこの場所へ。到着すると両サイドの浅場にはけっこう人がいるが中央付近はけっこう空いている。よし、それならば…と良さげな場所で釣り座を構えた。今日は両ダンゴだろ!?と何も悩まずスタート。タチも1.3mとここにしては深いほうだ\(^O^)/ ジャミがうるさい事を前提に、硬めにする。しかし流れがあってシモる。最初のうちは早めに餌を切るので気付かなかったが、シモると上がって来ない時がある。放っておくと、かかる(-_-#) しかし少し引っ張ると抜けるので、水草か何かだろう…とあまり気にせず続け、1時間した頃、良いアタリが出た…と思ったが、掛かりに絡まりハリス切れ!オマケに上バリが何かにガッチリ掛かって両ハリス切れ(-_-#) それならば…と丈三に変更。流れると右も左もかかる。場所を変えるか…とも思ったが、工夫して何とかなるので続ける。とっきどきヘラっぽいアタリがある。夕方しっかりアタってバッチリヒット!重い!手前に来た所で痛恨のハリス切れ(T_T) その後も何かバラしだが、日没となり納竿した。残念!

荒川本流 [治水橋下流]

釣果:3枚 12:30~18:00 竿:13尺 一杯のドボン
 このGWは全て風と天候で潰れそうだ(-_-#)…。本流でドボンなら何とかなるんじゃね\(^O^;)/ と出かけては来たが…。治水橋下流のお気に入りの場所に到着すると、既設台がドカーンと改良されて広がっている(-_-) 釣り人が5,6人いるが、入れそうなので、右端に入る事にした。まだ季節が浅いので、とりあえず丈三のセットでスタートするが…。すんごいうねりで浮子が全く見えない^O^; これでは、アタリもへったくれもない。しかし、10分位ですぐ浮子が消えた。尺1寸位のヘラがスレがかり^O^; 魚がいるのはわかる。しっかしこれじゃあなぁ…となんとかアタリを探すが、なんせアタリなのか判断できない。何となく入った?って感じでアワせるが、釣れたのはこれだけ。結局頑張ったが、しっかりアタって…と言う感触もなく納竿した。写真は2枚目の尺もの。波さえなければ良い感じの釣りが出来そうです。
20160503.jpg

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-