Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川本流 [治水橋上流]

釣果:17枚
 最近ストレスのたまる釣りが多いので、ここ地元で何とか・・・と思いやってきた。最近所長のお気に入りの下流に行くと、一杯の人。そこで上流へ。こちらも入っているが、空きがあるので、こちらへ。いつものようにスタートはゆっくり10時から。先釣者の方は、15尺ほどの天々グルテンセットで、支度をしている間にも、ポツポツ出ている。まさか入れないとは思っていなかったので、短竿、底釣りの用意しかしていない(^o^;) 12尺で、パウダーベイトベースの両ダンゴで開始。珍しくかなり下流に流される。流れのせいなのかエサが持ちません。グルバラ→BBフラッシュ→ペレ道→夏と追い足して、やっと何とか…と思ったら、流れが緩くなっちゃったよ(・_・;)エサを直し、グルテンを作り、更に流れが緩くなったところで、やっと1枚目。昼位に調子が出てきて、3連チャン。型は、6,7寸だが、釣れれば上等。時折マブナ、半ベラも混ざる。ウドンも試したが全然ダメ。どうもダンゴがいいようで、両ダンゴにして15,6,7と絶好調…と思ったら、2時過ぎ、雨が降り出してきたので、終了とした。すぐ止んじゃったけど。ま、いっか。
20111030.jpg
スポンサーサイト

昭和池 [桟橋外向き]

釣果:6枚 竿:12尺 天々 7:00~15:30
 昭和池に行って来ました。意外に早く到着したのに車がけっこう止まっていてびっくりです(・_・) 桟橋の中ほどの外向きでまずは両ダンゴでスタート。なかなか浮子が動かない(-.-;) しばらくしてスレ掛かり。ヘラはいるかな(^O^) しばらくして浮子が消し込んだ。尺位のヘラ。とりあえず1枚o(^-^)o ど~もアタリが出ないのでグルテンに変更。こちらもなんとか1枚追加。バラケが残ったのでウドンセットで打ち始め、いいアタリが続き4枚追加。ここでちょっと両ダンゴに変更。これがよくなかった(≧ε≦) この後、アタリはみんなカラツン。ちょっと反省(>_<)
by おやびん(写真は、B所員の40cm)
20111029.jpg

道満河岸 [南桟橋・南向き]

釣果:1枚 12:00~16:00 竿:9尺 タナ:80cm
 ここの所、満足に釣りに行けない。先週も所員に任せ、今週もちょっと無理…と思っていたが、所員より半日道満は?と誘いが来た。日曜日に半日道満?釣れないよね!?分かってるよねえ!?うちのメンバーは、いつも一年位経つと痛い目にあった事を忘れる。今日も、釣れねえけどちょっと位は…なんて言っている。まあ仕方ない…とここへ。28日に放流があるらしい…人は満タン…釣果は火を見るより明らかだ(ToT;) 南の桟橋で、金魚釣り場を見ながらの座を構える。早速ダメだ!っつってんのに所員、底釣りでスタート。釣れる訳ねえじゃん!!とこちらはゆっくり仕掛けを作り、45cm段差、タナ50cmのセットでスタート。所員の浮子はよく動くが全てジャミ(^^;) こちらもジャミアタリか、時々糸ズレがあるだけ。バラケを出来るだけふわっとさせ、タナを少しずつ深くしてみると、80cm位の所でようやくアタリが出た!やっと一枚仕留めた。その10分後にもう一枚…わずかに口外だ。その後は時々アタリはあるが、吸い込みが極端に弱い。掛かるが全てスレかバラシ。その頃所員は「浮子が馴染んだ!そろそろヘラが…」と言って写真の変わったヘラ?を釣った。ザリガニの部で優勝だ!と言っていた(^O^;) なっ!?また痛い目みたの思い出したろ!?と2人で泣きながら帰ってきた。
20111023.jpg

小貝川吉野

釣果:4枚
「週末は、オレは行けないから、どこかへ行ってレポートしろ!」と、指令が下ったが、どうも雨模様だ。指定候補地の中で、三○新池の時に行き損ねたここへ。事前の調べでは、型はそれほど良くないが、良く釣れる…という感じの釣り場。谷和原を出た辺りまではけっこうな降り方だったが、到着時は、上がっていた。事務所左手はすでに一杯の人だが、右手はかなり歩くので一人だけなので右手へ。右手途中は、かなり段差がある。右手のコンクリートの桟橋は、水面から15cm程と低い。支度をしていると、雨が止んだのを見て出てきた人達が続々と来て、ほぼ満席。「底は全然ダメだから、1本から2本だな」そんな会話が聞かれる。とりあえず初めての場所なので、深さの様子を見るべく、12尺で探る。せいぜい1本半か2本位だろう…とナメていたら、ナント3本もあった。場所人なつこいニャンコ達によっては、12尺で天々もできるという噂は本当だった(^o^;) 1本半から底まで探ったが、浮子は全く動かない。1本でウドンセットの人達も全然だ。こりゃあチトやばい状況。10尺を出し、1本チョイで両ダンゴ。やっと浮子は動いて、すぱっと消し込んで第1号。尺1はあるまずまずの型。その後間が空いて、2枚目。これも35位の良い型だ。しかしその後、全くアタリが飛んでしまった。周りも型を見ればいい方で、まだ0の方もいる。浮子を、小さめにして、エサを軽いガッテンベースに替えて3枚目。流れが強く、やりにくいので、丈一一杯の底。多少浮子が動き出し、半節カチッとアタり、4枚目。これも尺を優に超えている。これで行けるかと思ったが、その後さっぱりで、何をやってもダメ。周りもほとんど出ていない。今日は自分の日じゃない…。気力が萎えたので12:00に納竿とした。周りはニャンコだらけ(^o^;)

神流湖 [埼玉県側・柚木沢ワンド桟橋]

釣果:23枚 7:00~16:20 竿:16尺 天々→10尺 天々→22尺 一杯の段底
 今日は、所員Bが神流湖に行きたいと言っていた。ちょっと寝坊で出発!所員Bはもちろん群馬県側だと思っていたらしいが、自分は全然その気無く、こちらに到着…当然だ~れもいない…^^; 所員B(怒)だからこっちは釣れねえんだよ!!人が居ない→餌が無い→魚、居着かない→釣れない→人来ないっつう図式が成立してんだよ!!と激怒…。大丈夫じゃね?(^^;) 軽くいなして降りる。桟橋オーナー…「昨日3.8t放流したよ!?向こう(群馬県側農協桟橋)より大きいやつ…」やらせる気満々だ(^O^) 東寄りの風がかなり吹いている。外向きでやりたいが、キツそうなので風を背にした先端鍵の手桟橋北向きに座を構える。仕掛け作りも有り、迷わず丈六ウドンのセットでスタート。所員も同じ位の両ダンゴでスタート…。ノーぴく…ノーぴく。ジャミも何も全く浮子は動かない。早くも2時間経過。風が弱くなりなんとかなりそうなので、直線桟橋外向きに移動。しかし全く状況は変わらない(ToT;) 濁りが激しいので、もっと上なんじゃん!?所員は、その言葉に異を唱えるように19尺に変えた。自分はダメ元で10尺へ。所員の浮子に小さなアタリが出た!!!こっちにも…。しかし、全くのらない。こちらは2節アタリで…。やった~!!ヤマベ一匹(^O^;) その頃、飯も喰い飽きた所員は…桟橋下から出てくるバスを…おっかしいな~すくえねーもんだなぁ…と既にデコモード突入で遊んでいる。もう昼だ(ToT;))) 何を思いたったか所員がもうひとつ手前の横桟橋の内向きで底がとれるか試している。19尺で底がとれると言って又、移動した。その前にこっちで一枚引っ掛けたのに…。それを見て、群馬県側への移動を止め、こちらは下かぁ…と22尺を出したのにぃ(-_-) 昼飯がてら所員の底釣りを見ていると…!!!浮子が動いて、あっさり一枚目を仕留めた!こりゃヤバい、とこちらも頑張るが全くアタらない。所員が5枚釣ったところで所員の2席隣で試してみると、22尺でぴったりだ!ここからは所員と爆釣モード炸裂だ!しかし型は小さめだが、この際そん事言ってられない。夕方迄延長戦で最後は型もかなり上がりこの釣果。型は6寸~尺3迄。ラストは尺以上で揃った。俺が場所見つけたんだから俺の優勝だ!と主張する所員を尻目の優勝レポート。ラスト1時間で5枚の差をひっくり返し1枚差で逃げ切った。写真は後半の尺1寸ちゃん…アタリも小さくつっかれたぁ~!!
20111010.jpg

鉄塔前

釣果:10枚
11:30~17:00 竿:9尺 タナ:60cm
20111009.jpg 今日は、どこにするか…遠くはちょっと無理…と超久々に焼肉屋を通過!曇り予報なので、こっちでも良いやぁ…。先日の台風の影響か、かなりの既設台が壊れて使えない。日曜日だから激渋!覚悟はできている。座れる台を見つけ支度をする。予想に反して、日差しも出て来た。しかし長い間培った地元の釣り場。両サイドは、丈五位を振っている…そんなに長いの出さなくても必ず釣れる。そう考え9尺を選択!段差40cmのセットで始める。2.3投でアタると思ったが、やはり日曜日の昼頃スタートはそんなにアマくは無い。アタリが出るのに20分かかった(^^;) 30分後にやっと8寸物を仕留めた。しかしアタリは続かない。タナを30cm→1.2m迄動かしてみるが、大差ない。段差を60cm迄するとカラになる。バラケは絞めるとアタリが出ない。ボソにするとカラになる。ペトにすると、ジャミにやられる…やや粘りをつけ、芯残りするような感じにして、アタリを待つような、待ち釣りでやっと「ツ抜け」 型も7寸~尺1寸迄と、小さめだった。写真は上がりべラの8寸物。けっこう真剣にやっちゃいました(^O^;)

荒川本流 [治水橋下流]

釣果:14枚 10:30~16:45 竿:15尺 バランスの底→14尺ドボン
 今日は、所員Bと共に、最近良く行く場所へ、いろいろお試しを兼ねてやって来た。おお!!今日は珍しく両サイドに入釣者が(^_^;) まあ邪魔になりそうも無いので2人で真ん中に座を構えた。さぁ、今日はまず底の感じを試す為に丈五でスタート。やはり竿成りで底がとれる!!ヤッパリ良い場所だ!!掛かりもない。丈三位でスタートした所員Bがすぐに釣る…しかしマブ、半べラ、半べラ、マブマブと、ヘラが出ない。少し遅れてこちらもスタート。すぐにアタるがこちらはカラツンばかりだ…???やっと釣れたと思ったら、ニゴイと6寸ちゃんのスレ。う~ん…やはり餌獲りが下手なのか?しばらく考え、丈四のドボンにすると、すぐ7寸が出た。この頃、所員Bはやっとヘラを2枚捉えた。所員はダンゴのバランスで通している…?いや…そっとグルテンなんかやってたのか(^^#) しかし、やはりバランスだと安定しないようで、しっかりアタるのは、マブか半べラが多い、所員B君、マブの爆釣モードだが…こちらはぼちぼち釣れたかなぁ程度だが、ほとんどヘラ。ここ、まだまだやれそうだ。所員Bいわく、型もそんなに良くないし…治水の上流の方が良い!と御不満の様子。しかし俺の釣ったこれが綺麗!と撮影は所員の仕留めた尺物です。
20111002.jpg

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。