Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新井沼

釣果:0枚 13:00~18:30 竿:14尺 タナ:1m(バランスの底)
ノーピク デンジャラス釣り場、第二弾はここにやって来た。到着すると、だ~れもいない。しばらく見て廻るがもじりもな~んも無い(^O^;) さっすがデンジャラス!!しかし雰囲気は良い。とりあえず、スタート。待てど暮らせどノーぴくだ。真ん中辺りで時っどき鯉が踊るだけで、夕方迄なんの変化も無かった。ここヘラいる??って感じ(^O^;)
スポンサーサイト

山中湖

釣果:ナシ
赤い花がきれいだった 頑張って早起き。中央を飛ばすと雨(ToT) 曇りって事じゃないのぉ~?本湖のつもりでレーク荘へ。すでに皆さん出払った後(^o^;) かなりの数出てます。気持ちが萎えて、平野に行こうかなー、と湖岸をゆっくり。ああ、丸一ってのがあったっけ。レーク荘では無視されたが、こちらは「おはようございます」ということでこちらから出船。岬の近くで水竿を挿すと、おっとっと、かなり深い。17尺では届かず19で一杯の底。後で「あそこは魚の通り道なんですよぉ、来ればデカい」(早く言ってよぉ…もすこし頑張ったのにぃ T_T)周りは誰もいないし、きらら前は遠くて見えない。大きなニゴイが1匹のみ。ワンドのテニスコートの方へ行ってみる。【あなた~を待つの】って位だからヘラが待ってるかも…。13尺で3本強。たま~に、モロコやワカサギアタリがあるのみで、周りも誰も竿が立ちません。雨は横殴りだわ、風が強くて波立ちが凄いわで、1時過ぎにギブアップ。尺のスレが1つだけでした。

三日月沼

釣果:0枚(ToT;) 14:00~18:20 竿:14尺 タナ:60cmで底
いちお鮒族 さて、そろそろ行き慣れた場所は所員達に任せておいて、今年も頑張るデンジャラス釣り場!!第一弾はここ。最初は近くの九頭竜へ行ったが満水で桟橋がほとんど水没しているのと余りに小さいので三日月沼をめざした。こちらは、到着すると、ごらんの通りかなり減水状態だ。ヘラ師は、もちろんだ~れもいない(^O^;) 暫く見ていたが、ジャミはいるが、果たしてどうか…。やめて他へ…と思った時にヘラ師が現れた。う~ん(-_-)どうしよう…悩んでいる暇は無い時間。20100620-2.jpgとりあえず始めた。最初っからジャミがうるさい。タナもエッ!?こんだけ!?って感じだ。もう、自棄(やけ)ってか暑くてうんざり。直ぐにダンゴに夏をたっぷり入れ待つ。ジャミアタリじゃない!!と思ったアタリだけを待つと、一時間後に重たいアタリ。アワせるとごらんのフナ族!(^O^;) 結局この半べラ3つだけだった。右手には、テトラがあるのでもう少し深そうだが…。またいつか(^O^;)

神流湖 [群馬県側・山水ボート桟橋]

釣果:手の平サイズ~7寸 4,50枚位 (^o^;)
本日の大型 予定では、Kさんを西湖に案内するはずだったが、天候が良くないため、群馬の天気を見ると、弱雨で昼から曇りとなっているのでこちらに。久しく埼玉側をやっていないので、様子を見るべく入釣。案の定釣り人は誰もいない。6時頃からしばらくやったが、モジリもなく、魚っ気がないので、群馬側に移動。現在放水中で、前回より5,6mの減水。釣り人はポツポツいて、釣れている模様。桟橋代をまた払って、やったことのない右側の小桟橋へ。水は澄み気味で、ヘラの大群がうようよ。自分は沖向きで14尺。しかしK氏は、岸向き、ヘラの大群めがけてエサを打ち出した(^o^;) 早速パカパカ手の平サイズがW混じりで入れパクだ。こちらは、ヤマべの大群を交わしてエサを入れるのに一苦労だ。なじめば、釣れてくるのだが、流木が押し寄せてくるし、全くリズムが悪い。西湖で麻痺しているので、この型では、もう戦意喪失だ。カウントも忘れていた。Kさんのところはヘラだらけ10枚位釣ったところで「こっちに来なよ、釣れるよぉ」とのお誘いに従い、岸向きに。12尺。だがこちらもエサを入れるのは容易じゃない。手元からエサがすーっと出ただけでもうヤマベが追ってくる。着水と同時にアタック開始、えさが跳ね回って水中分解。だが、ハスや、バスが来るとさっと散るので、なじむ。ハス君ありがとう!まあそんな感じでけだるい午後を過ごした。雨は早くから上がり、パラソルを差すような暑い天気だった。

西湖 [高松]

釣果:25枚
大きいです(^o^)[西湖再び]
 西湖好調!の報を聞きつけて、今日は、所長、おやびんも参戦だ。しかしながら、4時出発じゃ(牛丼屋で腹ごしらえしてるし -_-;)朝のバクバクタイム終わっちゃうんじゃないの?めぼしいポイントが埋まってる可能性もあるし…「混んでたら山中湖 ^o^」と、のたまう所長。さて、まずは前浜、ポンプ小屋周辺は、しっかり並んでいます。石切。仮面岩~和田島にかけて綺麗に並んでおります(^_^;) 手前に入ればいいじゃん!とよく見れば、昔あったロープがありません。はいはい、根場ね。案の定、沖ブナイRは鈴なり。はい、桑留比行ってみよー。釣れていないようで、だ~れもいません。話を聞くと、今日はモジリがありません。とのことだったが、浜で様子を見ていた二人に聞くと、モジリはあるそう。しかし、途中見かけた高松は、人がいないので、同じ溶岩地帯なので(根場と石切は釣れている)いいのでは?と思い高松まで曳舟をお願いする。前置きが長くなってしまったが、やっと釣り開始。まずは19尺。風は避けているし(後から左からの横風になったが)モジリもあっていい感じ。両ダンゴA。しっかり保って深ナジミ。しばらくするとサワリが出始め、ナジミ切ったところからダッと落とし、幸先良いスタート。いい型の地ベラだ。しかしどうも浮子の動きが悪い。15に変更。すぐ2枚出た。ジャミアタリが多く型もいまいちのような気がして21に。これでも釣れるが、アタリが遠い。16に。これで、浮子の動きもまずまずでポツポツ拾う。サワリながら深ナジミでドンと消し込み、または少し返してからのチクッ、が決まりのパターン。ハリスは、下50位が良く、エサは、ややバラケながら芯残りする、ペレ道+天々+モジリに軽麩パラパラ がいいようでした。marumi.jpg

切所沼 [久下の切れ所]

釣果:29枚 8:00~17:40 竿10尺 タナ70cm→9尺 タナ80cm
20100607.jpg 今日は、休みをとって、のんびりと…どこかへ…距離、型、釣れ具合、自分の中では全てがまあまあ…のこの場所。数年前に一度来ているが、こんな時しか来る気にならないだろう。とやって来た。まあまあ空いている。どこに座ろうか!? と様子を見ていると、常連さんらしき人が、ここ座りなさいよ。と言うので、道具を持って来ると、今日は浅ダナ?底?ダンゴ?セット?とでかい声で聞いてきた(^O^;)))) 慌てて場所を3席分離れた。とりあえず、ダンゴ餌を作ると、ほほぅ、〇〇と〇〇のブレンドですか!?…違います(-"-;) スタートするとジャミが初投からアタって来た。ジャミがうるさそうなのでもう少し、しめて作り直し、スタート。5,6投で一枚目をあげた。それから、昼前迄に14枚。しかし昼頃からジャミの猛攻で釣りにならない。ここで休憩して、しばし考え、9尺に変え、ハリスを短くし、セットに変え、掟破りで、浮子をワンサイズ小さくし、バラケは、軽いボソにして、アタリ=消し込み大作戦にした。夕方迄カラツン率8割で、この釣果。あまりにつまらなくなってきて、納竿とした。写真はお腹の大きな、美人ちゃんを選んだが、ほとんど、9寸~尺1寸迄だった。

荒川本流

釣果:2枚 13:00~18:10 竿:10天々→14尺バランスの底
20100606.jpg 今日は、先月痛い目を見た、くれないコース13番前で、宙を試しに来た。前回は底に付いて、オカメのドボンのみが釣れた場所だ。もう宙で釣れんだろ!? ず~と頑張るが、たま~にジャミアタリがある位で全く感触が無い(ToT) おまけにゴミが凄くて釣りにならない。仕方なく丈四を継ぎ、両ダンゴで底をやってみる。予想に反して、いきなり消し込むカラツン!! しかし、カラツンのみで、全くのらない。前回と同じだ。どうしたもんか!? と思っていると、ゴミが凄くて又、釣りにならない。ここで、my台なのか、又同じ人が来て同じ釣りを始めた…くそ!!(-_-#)オカメドボンはやらないぞ!! と気合いを入れてアワせるが、全然ダ~メ(ToT;)・・・ここでひらめいた。バランスのまま、上バリのダンゴを大きめにし、オカメにする。共ズラしにすれば、上バリが付いた後、ズシッと入る。これをアワせると、のった。34,5cmか!! これは嬉しかった。この後もう一枚。ドボンに勝った!! たった2つだったが気分は、上々で納竿とした。尺2寸の2枚目を撮影しようと思ったが、傷だらけだったので、魚体は無しm(_ _)m

西湖 [前浜]

釣果:28枚
豚べら[山シリーズ第2戦]
 ここならあまり大型は望めないが、数ならそこそこ…ということでやってきました。出遅れて、到着は5:30前か?白根のお母さんに「ま、お茶でも…」といわれ、一服。浜に下りて息子さんに状況を聞くと、ポンプが昨日から稼働して音が出ているらしい。そしてジャミが凄いとも…。すでに予定の東電ポンプ小屋横は、8艘並んでいる。ポンプRが第2予定なので、そこへ。ガチョーン!ロープ忘れた。ここは、1本Rなので、西風が吹くと前後に、横風だと左右に舟が振れるのだ。幸い今日は風が比較的穏やかだったが。岸の大岩が見えているので平水。それなら13尺で底が取れるはず。用意をしているうちに周りでバタバタ絞り出した。ヒメマス?
ペレ底、ペレ道、マッハ1:1:1で開始、ヤマベの激しいアタックはあるものの、ズバっと消し込んで第1号。Wを含めあっという間に6枚。いや~、絶好調、と思いきや、9枚釣ったらバタっとアタリが無くなった。モーニングサービスは終わったようだ(^o^;) バス、ヒメマス、マブ、ヤマベと五目釣りになってきた。なにしろ浮子がなじまない。立たない時もある。とにかくこれを交わして底まで保たせることに苦労した。夏冬マッハを大きめにつけていい感じ。舟が動いて竿を手持ちにしたり苦労したが、尺以下はなく、写真サイズが最大の型揃いで、久しぶりに前浜を堪能しました。

グランド前

釣果:11枚 16:00~19:00 竿:11尺 タナ:70cm
20100602.jpg 今日は、早あがり。行く気はなかったが、ちょっと釣具屋に行ったら釣りに行く気になって来た^_^; しかし、釣具屋のおじちゃん、話しなっげ~(^O^;) で、こんな時間にスタート。この場所でやるのは、5年ぶり位ではなかろうか!? 支度をしながら見ていると、けっこう渋そうなので、セットで始める。すぐにサワるが、アタって来ない。しかし我慢して早返しで30分打ち込むとやっとアタった。がカラだ。5発続いたので、段差を詰めるが、のって来ない。次の一手は、ハリスを短く!これでようやく釣れ出したが、なかなか続かない。バラケをやわぺトにし、スーパー手返しでなんとかこの釣果。流れも強かったが、流す範囲を決めて打ち込んだのが正解だったか!? 型は、7寸位も2つ混じったが、写真の尺位がほとんど。さして大きいのも釣れなかった。この時期、この場所は、もっとでかいのが主体のはずなんだがなぁ…しばらくここでやって無かったからなぁ…なんとも言えませ~ん(^O^;)

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。