Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょうたん [明秋]

釣果:1枚 12:40~18:40 竿:9尺→14尺→9尺 タナ:60cm
炎の1枚! 今日は、曇りで気温も低い。明秋辺りを見に行って、どうせ大減水の頃だから、だめなら、他行くかぁ…と思いながら到着。予想を裏切り、超満水だ(^O^)いろいろな所に緑色の釣り人。どうやら例会のようだ。色々見てまわったが、釣れてる様子は無い。わずかな駐車スペースに車を置き、駐車場下の左手に座を構え、スタート。皆さん結構長いの振っている。??と思いながらもセットで軽めのバラケを打ち込むが、何の反応も無い。一時間やったが、弱~いサワリが一度あったきり。仕方なく、丈四を取り出しやり始める。しばらく経つとサワリ出した。…と釣友会と名の入った連中がパレット3枚隣で検量を始めた。入れ替わり「でけぇ~!!」だの騒ぎたてる。まあ大抵の事なら、仕方ねぇなあ…と諦めるが、何人も集まって騒ぎ立て、挙げ句の果てにゃあ、隣のパレット迄来て、ボッチャン!ボッチャン!魚を投げ捨てる。呆れて16時迄釣りを諦める。やっと静かになったので、再スタートするも、全く反応無し。絶対に釣って見せる!!日没迄を覚悟して、もう一度9尺にして、段差を60cm迄広げた。やっとアタった!と思ったら、良型のオイカワだった(ToT) しかし諦めず打ち込む。魚はいると思う。もうダメか!?と思った時、消し込んで、炎の一枚。この後、アタリが続かないのを確認して納竿とした。最低限のマナーは守ってほしいもんですな(-_-#)
スポンサーサイト

山中湖

釣果:6枚 6:30-14:30 13尺3本の底
霧の中頑張りました! 情報はないが久しぶりに行ってみようかな~なんて気になり早起きして高速に乗る。予報では、曇りだったのに途中から雨が降り出した。到着したが途中から濃い霧で、霧雨模様。おまけに気温は9度だ(T_T) あ~あ、中綱湖といい、ついてないよ。濃い霧で皆目見当がつかないので、様子を見ていたが、少し見えるようになったので出舟(わかさぎ屋さん)ワンド中程より少し手前で12,3尺でいいそうだ。風を背にして水竿を挿す。この間の残りのマッシュともじりのデカダンゴで打ち始める。(今日は、30以下には用はない)なんて思いながら…。周りがポツポツ絞り始めて、いい人はもう5枚程だろうか。自分だけ釣れない。なんでだろ~なんでだろ~。マッシュダンゴの決め打ちが良くなかったか、グルテンや、ペレット系、底釣りエサなど持ってくれば良かったよー。雨、霧、風、低温、胃まで痛くなってきた。サワリさえないと思っていたらスパッとアタって30cm。ん~、放流もんぽいなあ。次は尺2寸弱か。ううむ、40上には程遠いなあ、なんて贅沢な事言ってたら、9寸、8寸と、だんだん悪くなってきた。ヤバい、この8寸の写真撮るかあ?と思ったが、傷物なのでパス。ワカサギの4,5cmがじゃまをするのかエサが持たない。調整して、やっと6枚目(尺)を上げ、写したが、デジカメ故障(ToT) 途中、山中の達磨べら泣き40は、スレだった。

白山沼

釣果:5枚 11:00~17:00 13尺メーター~1本半
 ウイークデーに時間が出来たのでちょっと出かけて見ようかなと思い荒川本流をのぞいて見たら流れが…濁りが…(>_<) さてどうする!そうだ白山にリベンジに行こう(^O^) 白山へ到着。意外に空いている。早速準備して、とりあえずメーターでアタリ全くなし!あら今日もダメかな。しばらくしてサワリがジャミの攻撃。それではとちょっと深めに。ここでヘラらしいアタリが…。なんとかリベンジ成功(^O^) そのあともポツポツ釣れてこの釣果。満足 満足!
20100527.jpg

中綱湖

釣果:23枚 7:40~11:00 竿:12尺 タナ:60cm
20100523-2.jpg 昨日の帰り、モダンボートで話を聞くと、はい、今日の午後、ヘラは帰っていきました…。カッチィ~ン!!(-"-;) どこに帰ったん!?所員Bのレポートにもあるように、全く魚っ気は無い。朝5時に見に行くと、葦の浅場でヘラがハタいている!!!まだいるじゃん!!走って見に行くと、ヘラが一杯いる…が皆小さい。それにこの子達は、ハタキに夢中なので、喰わないだろう。しかも、座れる所は既にうまっている。雨も降り出した。考えた挙げ句、所員達も2日間ノーピクは心が折れるだろうと、苦渋の選択で、隣の中網湖に逃げる事にした。到着し、一周して、場所を選択。浅場ではハタき前だろうか!?ヘラが沢山いる。しかし型は小さい。一応青木湖も一周してみたが、釣り人はいなかった。戻って、先ほどの流れ出しの橋の下に座を構える。雨、風も強まって来たので、とりあえず、木崎湖用に仕入れておいた、マッシュダンゴ&真底ブレンドでスタートするも、丈5を出して、仕掛けを直し、投げると浅いので、風の小波で浮子が見えない。丈二に変え又、仕掛けを直し、既に8:40だ。しかし、わずか3投目で一枚(-_-) 型は9寸位、これで心は萎えまくり。釣れども釣れども、7寸~尺1寸止まり。雨&風&疲れでこの時間で、ひとボールあけ、とっとと納竿とした。この後具合も悪くなり。帰りの車は、ぐったり。息絶え絶えで帰宅するのだった(ToT)

木崎湖

釣果:アタリオデコ
[一生に一度?の大遠征]
花火台 珍しく、全員行く気満々で、宿の予約までして、関越~上信越~長野~県道55山道を走覇し、やってまいりました長野県大町市!休憩、食事を挟み5時間程で到着(9:30)。さすがに気温が違う感じ。桟橋下で、ハタいている様子。早速モダンボートで近況を訪ねる。ボート桟橋では、3人並べる所がないので、沖の花火台に、ボートで移動。釣り代¥1000、ボート1艘¥3150。ここは8mあるそうなので、それぞれ思い思いの長さの竿で開始。所長やおやびんは、密かに、巨ベラとか、マッシュダンゴなんか使っちゃって…^o^; 打てども打てども全く魚っけな~し、モジリもな~し。そこで、所長は、向こうに見えるピンクの家を探査に出掛けた。みんなで出来そうな感じなので、移動するも、立ち入り禁止の看板が…(-_-;) そこで、おやびんは、沖の小桟橋、所長が5号桟橋、私がその隣にボートを水竿で止め、再開。5時になったら、バスボートが、一斉に帰って来た。私もボートを返却し、むりやり所長と並ぶ。その頃から吐き出し方向に流れがつき、非常にやりにくくなってきた。途中、対岸まで散歩したが、吐き出し口(村井ボート辺り)付近の葦には、ヘラが絡んでいた。所長は、夕暮れまで頑張ったが、遂にアタリはなかった。さあ、明日はどうする?

機場北岸

釣果:9枚 12:30~18:50 竿:9尺 タナ:天々
20100517.jpg 今日は、久しく釣行していない、機場へ来てみました。結構な釣り人。周りを見ると、あまり釣れてなさそう。とりあえずセットで様子見。始めて10分位でサワリ出し、すぐに消し込んで尺位を仕留めた。しかし、アタリは続かない(-_-) だが、一時間ちょっとで5枚出た。まあまあかな…!?しかし、ここからがトラブル続出で、釣りにならない(ToT;) 先ず、な~んもしてないのに、浮子のトップが45°曲がってる…って折れてるし!先日買って置いたはずの「一発」…ねぇ!!ど~こ探しても無い。仕方なくダンゴでやると、アタリが遠いの何のって!!やっとのったと思うとハリス切れ、その繰り返し5回!!こっちがキレた(^O^;) 考えた挙げ句、ウドンのセットにして、何とかこの釣果。もっと、釣れると思ったんだけどなぁ…(ToT;)

神流湖 [群馬県側・山水ボート桟橋]

釣果:58枚 6:30~15:20
 西湖を予定していたが、どうもぱっとしない様子。こちらは情報はないが、そろそろいいだろうということで来てみました。水位は、満水に近い状態で、駐車場から3m程下辺り。モジリもあり、一部でハタいているいい状態。大きな方のロの字の岸向き、15尺天々で開始。まずは、最近発売された、単品爆釣両ダンゴA。いやはや何とも物凄い粘り。ベーシックにグルダンゴを混ぜたみたいだ。何とか振り込めるギリギリのヤワヤワで第一投。釣れたのはヤマベ。今日もこいつを交わしながらの釣りになりそうだ。それでもエサはしっかり持つ。15分で一枚目。この後も素晴らしくいいドカン!というアタリで、ポツポツと連れ続く。しかも、型は、8~尺二寸と上々。楽し~。2ボウル目は、GTS、特S 1:1 だが全く持たない。ガッテン、速攻かっつけを追い足し、ヤワネバにしていい感じ。次は、雪○のマッシュベースのダンゴ。やはり麩系の方がいいようだ。次は、ガッテン+天々。その辺りで昼近く。6寸が釣れ始め、おチビさんタイムに突入かと思われたが、8寸~尺混じりで、Wも数回。長めの竿に替えた方は、いまいちの様だった。2時過ぎ、13尺に替え、10枚程追加し納竿とした。本日、カメラと携帯を忘れ、写真はありません。m(uu)m。ハリス:47-60cm 針:セッサ6-7号。

アルファ前

釣果:5枚 15:00~18:30 竿:9尺 タナ:50cm
 今日は連休の最終日、母の日の用等を済ませ、時間があいてしまった。のんびりダンゴで…と思い、まったり出掛けた。毎年 G.W 明けしばらく迄は、相当渋いのは常識だ。デコかもな…なんて思いながら、空きを見つけ、スタート!さっすがびん沼。初投からサワリが出て、5投で一枚。尺ちょっとだろうか!?それでも、アタリは続き、一時間で5枚出た(^_^)v しかしそんなに甘くは無かった。6寸位のを口外、尺を口外、しかも段々口から離れて行く(^O^;) その後は、カラ&スレバラしのオンパレード。ダンゴをしめてみたり、ペトにしてみたり、ハリスをいじってみたりしたが、同じだった。日没迄やったが釣れる事は無かった。型も6寸~尺1寸位。びん沼は、写真位の時間が一番静かで良いなぁ…。
20100509.jpg

荒川 [治水橋上流]

釣果:2枚 11:30~18:00 竿:12尺 タナ:天々
20100508.jpg 今日は、おやびんがどこにします?と言うので、しばし考える。南東の風が強くなる予報で…近場で釣れそうな所も見つからない。本流でやる所無かったら困るなぁ…と到着すると、なんとかあった。確か丈二 三位が良いはずなので、スタート。思ったより流れが強い。アタリがない。流れが緩くなると小さく入るが、カラだ。しかし、大きなアタリは無く、小さなアタリをアワせる。これもたま~にだけ!こんな状態がしばらく続いた所でおやびんが一枚目を仕留めた。小さなアタリで、こっちも一枚目!と思ったら口外だった(ToT) アタリもたま~に!おやびんが、2枚目を出した後、落ち込みアタリがある!と言って丈三→10尺に変更する。しかしジャミだったようで、ヤマベのみ、こちらは丈二でがまん。落ち込みでやっと一枚目。しかし、そのまま我慢の釣りだ。途中から、風で波がすごくなって来て、アタリが分からない。?と思うアワせでやっと2枚目。最後迄、この状態。型の良いあがりべラが、同じよう感じで出たがそんな感じのアタリの取り方だったので、掛かりが浅かったか!?手前でバレたのでカウントは無し。この釣果とした。苦しい1日だった。

近藤沼

釣果:5枚 10:00~18:00 竿:11尺 タナ:50cm
今日は釣れました さ~て今日は、おやびんと、どこへ…湖が良いが、どこのデータも、色よい返事が返って来ない。ならば、前回全く駄目だった近藤沼方面へ車を走らせた。途中、群馬の水郷、権現堂など考えたが、とりあえず到着して様子を見た。釣れてる様子もない。ここは沼が3つに別れている。あちこち見てまわると既に9時を過ぎている。風は、昼から、強風予報だ。風向きを考え、駄目なら他へ移動!!そう決め、一番浅場の沼でスタート。おやびんには申し訳ないが、釣れる可能性は低い。地元の人も全く合わせる事もない。出してる竿も短尺~長尺様々だ。とりあえず丈一を継ぎ、スタート。思った以上に浅い。しかし、魚はいるようで、モソモソ浮子は動く。しかし全くアタる事は無い。このジャミの正体だけ突き止めようともがく。水深は1m無い位。底につけると浮子は動かなくなる。途中、10尺のドボンでやってみると、腐れ藻が付いて来るので、底の餌はよほど喰いがたっていなければ、無理だろう。どうする?段差をつけて、オカメで底スレスレにする。アタった。しかし6寸位のスレ…。しかしこれでヘラなのは、分かった(^_^)v このまま2cmずつ底に近づけ、ぴったり下バリを底に、はわせるとアタった。やっと6寸ものを仕留めた。しかしこの後、風で流れがでると、全くアタらない。しかも、後ろからの強風が横からになり、アタリも分からない。最後は、前回来た時に、はたき狙いだった南側に行ってやってみた。9尺で葦の切れ間で水深60cm程か…。でかいヘラは多くいるのが分かる。もじるヘラは40cm前後が何度か見られた。しかし全く喰って来ない。強風の中頑張ったおやびんは、ふるわず納竿とした。でかいのは、相当でかいのがいそうだが…事実、打ち上げられて、死んでいたヘラは尺6寸位だった。

丸堀 [南岸]

釣果:5枚 12:30~18:20 竿:9尺 タナ:70cm
 今日はそろそろ釣りの疲れが溜まってきた。行くのをやめようか…とも思ったが、朝から、いろいろな情報を集めていたので、そのまま、家を出た。他も考えていたが、激渋でガラガラ状態だと聞くこちらへ。到着すると本当に空いている。管理人のNさんがやたらと長いのを出しているので、話しを聞くと、山中湖遠征の仕掛け調整だと言う。丸はどうです?と尋ねると、しっぶいネ~!!朝のうちだけなら釣れるみたいだよ!? だと(^O^;))) まさかデコはねぇんだろ!?とぺちゃんこ台に座を構え、余裕の両ダンゴ。20分位で綺麗に2節落とし綺麗なな尺2寸をとらえる。ふむふむ…と、余裕ぶちかましで、撮影も無し(-_-) これが間違いだった。その後は、小さくサワリ、ミクロにアタるが、アワせまくっても、全~くのらない。仕方なく、段差50cmでセットに変更!10分位で消し込み。やはり尺2寸位。撮影しようかと思うと随分と傷だらけなのでパス!しかしその後は、型も良くなく、撮影は諦めた。夕方はどうしてもアタリにならないので又、両ダンゴに戻したりで、セットが良いのかダンゴが良いのかわからい。ダンゴで2枚、セットで3枚だった。セットの段差もつけすぎると、カラかスレ、縮めすぎるとアタリが出ない。バラケとの兼ね合いなので何cmとは明記しないが…非常に苦しい丸だった。今、荒川からの水が出たり入ったりしている。護岸工事の影響か!?水が悪いとは思えないが、寄せるのはできるが、喰わす事が出来ない。そんな状態のようです。20100505.jpg

荒川本流

釣果:5枚
あらかわドボン 例によって、突然、荒川に行かないかと、9時頃所長からメール。治水橋上流、いつもの所に向かうと、工事中で入れない。では、新しい所で、と大宮CCくれないコース入り口より川へ。場所は、川の吐き出しが勢いよく流れ出ている対岸周辺。この辺は、「ここはオレの台だかんね、10時迄入ったらいかんよ」的なmy台が並んでいる。先釣者に、「ここ入っていいですか?」と訪ねると、OKが出たので左に並ぶ。始めようと思うが、慌てて出てきたせいか、短竿無し、大きな浮子無しという道具立てだ。まずは15尺でバランスの底をやろうとしたが、根掛かり。17でも根掛かり。20尺で掛かりはないが、流れが結構ある。19尺でドボンの仕掛けに変更。これで浮子がシモったらやめて帰ろうかという位イライラしてきた。なんとか、止まったが、穂先からだいぶ余るので、切り詰めて、17尺に。これでも長いので、根掛かりが心配だったが、また切り詰めて、15尺に。やっと釣りができるようになった。右端の方はコンスタントに絞っているが、全然アタらない。パラソルの調整をしていると、浮子が無くなって穂先がしなっている。エサは、ベーシック、ライト1:1にしめかっつけで締めたかなりのネバ。モジリはあるし魚の気配はあるが、アタリにならない。そして木の枝、レジ袋などを釣り上げ、今度は、穂先に道糸を継ぎ足し、ブラッドノットで連結して17尺に。今度は、スレバラシのオンパレード。右の方を観察すると、段差オカメのドボンだ。そこで当研究所禁断、怒りのオカメドボンに変更。普段はオカメなど持ち歩かない私だが、スパーで買った、おつゆ麩をカミソリで切って作った護身用(^o^;) これに替えると何とかアタリっぽいのが出るようになり口掛け4枚追加して終了。ラストの1枚は、最後の1投でグルダンゴ。

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。