Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市野川

釣果:3枚 18:00~21:40 竿:13尺/ドボン
20100430.jpg 本日は昨日の土浦の釣行の疲れもあり、ゆっくり起き、市野川を予定。しかし前回も、その前も、アタリが出たのは日没後だった。それなら、いっそ夜?と思うが、びびりぃの自分としては、腰が退ける(^O^;)))) だ~れに声をかけても皆、答えは「NO」しばし考え、なら、日没そんなに遅くなんなきゃ良いだろ!?しかも、周り見えりゃ良いだろ!!と自分に折り合いをつけ、用品を買いあさる。結局用意したのは、電気浮子の他にライト5個(^0^;)))v 電気浮子は持っていたが、本日は、雨の後。相当な流れが予想される。良し!!もう一度、気合いを入れて17時到着。一人釣り人がいる。やはり激流だ。話しを聞くと6枚出たと言う。本当かよ?なら昼間で良いじゃん(-_-) どうやら、はたき第2ラウンドに突入してるらしい。実際あちこちでパチャパチャいっている。「あんたこれからやんの?夜釣り?」…いえいえ夜釣りって訳でも無いんですけど、これからちょっとやろうかと…「夜やるんだったら昨日、蝮(マムシ)いたから気を付けなよ!?」…サンダルだし…帰ります。す~ぐ帰ります!!(ToT;) この気持ちをグッと抑えてスタート。釣り人は間もなく帰った。さあ日没だ!!モジリはあるがアタリは無い。激流のせいだろうか??完全に暗くなった。ライト点灯!!指差し呼称で安全良し!!…?どっかで聞いたセリフだ。しかしアタリも何も無い。気持ちが萎え始めた19:40電気浮子が消えた。やっと仕留めた。計って見ると35cm。チッ!たいした事ねぇなぁ…とりあえず撮影をして10分後。来た!!こりゃ重い!でかいぞ!?でかいぞ!?いきなり遂に尺半か!?今日は仕掛け大型用だかんね~、そう簡単に切れ無いよ~!?と、力で引き寄せる。やっとタモにおさめる。う~ん…尺半有るけどな~!?鯉ってやつだな~!!まあ、途中から走りでわかったけどよ(^O^;) 綺麗な鯉だった。気を取り直して30分。なんか浮子、動いてるようだが、流れか?一応アワせてみると、魚の感触。なんと6,7寸のヘラだった。その2投後ゆっくり浮子が消えて行く。アタリかぁ?と思いつつ、あわせると、まあた重い!!しかし今度は、さほど走らない。なんせ真っ暗だから、タモに収まる迄分からない。おぉ!!でかいヘラだ!!写真の腹パンジャスト40cm。体高が高いので、もう少しでかいと思ったが…。21時を過ぎると、周りに雲谷(モヤ)が立ちこめ、寒さが増して来た。それっきり、アタリもなくなり…って言うか、我慢出来なくなり、あっさり帰った。
スポンサーサイト

土浦港 [霞ヶ浦]

釣果:1枚
霞ヶ浦産 またもや前日の雨、天気予報を見ると、風が、6mとなっている。川は濁って流れが速く、他は増水で水没。こりゃあ行くとこないっしょ。ってことで2度寝。ところが前日風邪気味の所長が大丈夫だと言ってきた。さあどこにしようか…。あったあったありました。どこから吹いても大丈夫、足場も良く、車は横付けでロケーションもグー。おまけにバクバク(アメリカナマズだが)とだまして連れてきた。到着は、10:30過ぎか。南風なので皆さん南岸に集中していて、空きが無く、一人はさんで両側に陣取る。その方はまもなく帰ったので席を移動。波はないのだが、うねりが入って、やりにくい。12尺で、3m位のカケアガリ。ダメ元で、オールマイティ、グルダンゴ1:1の両ダンゴの底。ヌルっと入るようなアタリで、鯉、鯉、ナマズ、ナマズ。底を少し切る。アタったかなあ?という感じでやっと手の平サイズが出た。さらにもう1枚。本気を出してグルテンを作るが、またナマズ、ニゴイと来て、また引きの強いのが掛かった。「上げてみないと何が掛かってるかわかんないですよね~」といいながら上げると尺級のヘラだったが顔を見たところでバラし。この後さっぱりになったので、これは痛かった!もう4:30なのでそろそろ帰りましょうよ。と言ったが、所長はエサを作ってしまっていた。後数投だあと、打ち込むとチクっとアタり写真のサイズが釣れた。他、定期入れ1つ、木2本でした。(^o^) 駐車スペースは、6時に閉門だそうです。

市野川

釣果:2枚 12:45~18:55 竿:堰上/14尺 堰下/13尺 タナ:ドボン
100425_1358~01 本日は40上を狙うべく、まず堰上へ向かった。ワンドの様子を見るが、魚の気配はまっっったくない。ワンドの上流には5 6人の釣り人が見える。とりあえず、やれそうな場所はあったが、上手の釣り人を見に行って見る事に…行って見ると、皆さん腕組み(^O^;) 全~然魚っ気ねぇなぁ…もういねーな!!だって(ToT;) 仕方なく、手前に戻る事に。近づくと、パチャパチャ…ハタキか!?急いで支度し、スタート…な~んも無い。遠くでハタいた…!普通~に鴨の水浴びだった。…もしや、さっきの音も…と思い出すと、気持ちも萎え萎えだ(^_^;) もう15時近くだ。仕方なく飯を喰って、移動する事に。途中魚はどこか…と追って行き、小さな川、沼を探索しながら、どこも魚っ気は無い。itinogawa駄目元で、いつも入る所へ。来る時にも見たが、魚っ気は無く、釣り人がいた。戻って来ると、やはり駄目だったのか、もういない。セットして始めると、既に16時!その時、何かもじった。何かはいる…しかしアタリもな~んも無いうちに、日没だ。完全に諦めた時、又もじった。そのまま浮子が見えなくなりかけた時、入った。やっと出た。写真撮影。帰り支度をしようと思った次投…すぐに消し込んだ。おんもい…ダブルだ!!やっと近く迄来た時、パツッ!!千切れた。一枚は助かった。腹パンの39Cm…惜しい…と思いながら撮影。気が付けば真っ暗。かたずけるのも苦労した。!!!いっけねぇ~!!写真保存忘れた(ToT#)っと帰るのだった。

栢間沼

釣果:7枚
栢山沼 今年に入って、貧果街道爆進中で、Kさんに笑われ、ここを勧められた。しかしながら、雪こそ降らないものの、冷たい雨で気温低下が続き、状況はいいわけがない。珍しく早めに出ては見たものの、途中で忘れ物に気づき、泣く泣く引き返し、到着は7時を廻ってしまった。予報は北風。北岸にスノコを出そうとしたが、圏央道側の方が型が良いとか言われたのを思い出し、南岸へ。しかし、ここは、車は駐められないので、西岸から近い所にする。周りのの護岸は、写真のようになっており、所々にパレットが置いてあって、スノコが必要です。12尺で、1本と浅い。ダメとは思うが底チョイ切り、両ダンゴで開始。案の定、な~んにもなし。段差をつけ、ウドンのセットにして、底から20cmほど切ったところで待望のの1枚目。次は半ベラ。底付近に戻して、2枚追加。が、しかし、向かい風が強くなり、ざぶんざぶんと打ち寄せてくるし、流れが東方向に。やむなく、人が一杯いる北岸西寄りに移動。こちらは、2本ほどある。あれこれやったが、流れがあるので、両グルの底にしたら、マブが来て、その後ポツポツと4枚出ました。周りもあまりぱっとしないようでしたが、浅棚のウドンセットで何枚か出ていた。

道満河岸

釣果:4枚 12:00~16:40 竿:9尺 タナ:50cm
どうまん 今日は、あまりテンションが上がらない。丸堀でも行くか…と所員Bにメールを送ると、俺は釣れる気しないのでパス!と、超やる気無し無しのお返事(-.-)…。ふっと9尺の穂先が偶然手に入り、復活したのを思い出し、コミと調子をみたい。仕掛け作るには…そうだ、道満なら所員Bも喜ぶだろうと、出掛ける事に。しかし今日は日曜日!めっちゃ混んでて、昨日迄のあの気温と雨。間違っても、プラスにはなっていないはず。ドンピシャだった(^O^#) ゆっくり仕掛けを作り、どうせだから、ダンゴでや~ろぉっと!!と両ダンゴでスタート。すぐに、魚がいるのがわかる。しかし全~く食い気がない。ペトコンにしてやると、サワリは大きくなるが、アタリは出ない。渋い予想なので、最初から、ハリスは長めで軽~い餌。しばらく我慢すると、ジャミではなさそうだが、あまりに小さなアタリが出た。アワせると、ヘラだが、やはりバラしてしまう。途中、やっと2節アタリで、デコ脱出!別に釣果はどうでも良かったが、あまりにつまらないので、ひとコネ終わった所でセットに変更。今度は、ジャミ攻撃だ(-.-;) こういう時は…バラケに粒戦を混ぜる。するとやはり、ジャミ攻撃は静かになるが、ヘラあたりは小さなまま。これをアワせまくり、やっと拾い釣り。激渋だった。期待して来た所員Bは、首が90度に曲がったまま、帰るのであった^O^;

石屋下

釣果:35枚 12:20~17:30 竿:9尺 タナ:50cm
だぶる 今日は市野川へ行く予定だったが雨。到着した時に雨が降っていたらやめようと考えて到着。う~ん、雨は微妙だ。考えながら、水面を見ていたが、モジリも泡付も無い。何ヶ所か見て回ったがどこも同じだ。結局あちこち見て回ったが、良さそうな所はなかった。どうしようかと思った時、あぁ近くに石屋下があった事に気付き、到着。釣り人は5人…。まあ、たまにはおチビ君達で遊ぶか!?と、支度をする。今日は両ダンゴで!!釣れねぇかぁ!?なんて考えながらスタートすると、一投目からアタった。ヤマベ??と思いながら3投目で7寸物がのった。その次は、いきなり写真のダブルだ(^_^)v 途中だれて、やはり安定した感触はなかったが、ダブルも4回とまあまあの釣果。型は6寸~尺1寸迄。6時閉門なので、17:30に最後の一投を入れ、周りを片付け始めた時、ガツっと竿が留め具に当たる。持って行かれる心配は無いはずなので、ゆっくり手に取り36枚目!と思った時、なんの手応えも無い…!!!穂先が無い!ヤバい竹竿だったの忘れてた(ToT;)しばらく探したが、浮子ごと消えて無くなってしまった。誰か紺色の浮子と穂先見つけたら連絡下さ~い。どっかで、竹の穂先、買えるかしら!?m(_ _)m

円良田湖 [常管桟橋]

釣果:10枚 6:50~15:40 竿:9尺 天々
つぶらた 本日は、所員Bと相談し、そろそろバクバクのはずの円良田湖へ。風の具合を考え座を構えた。予報は、午前 北東2m、午後 北西5mだったが午前 強風、午後 微風だった。短いのでダンゴが良いだろうとスタートするも、左手からのほぼ向かい風の大波でアタリもサワリも全く分からないまま1時間。アタれば分かんだろ!?な~んて思っていたが全~然だ(ToT;) どうしたものかと思っていたところ、少し風が弱くなった時、チクッと小さく入った。アワせてみると、なんと一枚目を仕留めた。この後も波がなくなった時だけ分かるような、ミクロアタリだ!風は少しづつ治まって来たが、それと同時にアタリも全く無くなった。4つ迄行った所で、ダンゴを諦め、セットにする。しかし反応無し。ここで所員Bは得意のふて寝(^O^;) 魚の反応が無い事に腹をたて、だんだん段差を広げて行く。70cmの段差にした時、弱いサワリが出た。しかしアタらない。はらわた煮えくり返りながら、最期の手段。バラケを軽~い、タナ迄行って、バラバラ落ちるタイプを作った。完全にバラケがきれ、そのまま放置。タバコでも吸うか…と火をつけた頃2節位入る!!のった。最後迄この釣り方でやっと「ツ抜け」とほほ~。他の釣り人も、全然で、同じようなものでした。

丸堀 [竹藪台]

釣果:6枚 13:20~17:40 竿:10尺 タナ:60cm
たけやぶだい 今日は所用で休み。用事を済ませ、雨の降り出さないうちに…(- -) ザーッと降って来たじゃないかぁ!もう近く迄来てしまったので、渋々到着。竹藪台がだれもいないので、ここで良いやぁ!南側は人はいないが、北側には釣り人は結構いるようだ。今日は北西の風が強くなる予報だからな!今のところ風はほとんど無い。両ダンゴでやろうと決めて来たので、スタート。まわりの見学はしていないので、竿もタナも、何にも分からない。とりあえず一本ダナでスタートするも、アタリもサワリも何にも無い。少し深めに…更に動かない。逆に浅くして行くと動いたような…。しかしそれ以上の反応は無い。一時間頑張ったが、話にならない。こりゃダンゴは無理だな、と諦め、餌を作り直し、セットで段差50cmにしてみる。すると何か黒帯位動いたような…。餌切り位の強さでアワせると、なんと尺2寸がのった。すぐに2枚目。アタリ小さ!!ここで風が吹き始める…なんで南東の風なんだよぅ!!それからは、十尺だと言うのに小波でアタリなんて全く見えない。段差を60cmに広げ、しっかりしたアタリだけを待つ。しかし、しっかりアタっても分からない事も(T_T;) 竿を引っ張られ、初めてわかる時も1度あった。しかしこの状況で、この釣果は、良く頑張った…と思う。型は、写真の放流物と旧べらと半々だ。モジリも多く、気温が上がれば、かなり活性は高いと思います。ハタキは、今週末か!?

白山沼 [ポンプ右手4番目]

釣果:3枚 9:30~18:00 竿:16尺 タナ:1m
40オーバー 昨日、帰りにおやびんが、明日はどこへ?明日は白山予定なので、連日デコ濃厚(ToT;)と会話して別れた。しかし、心とは裏腹に、早い時間に目が覚めてしまった。ダメ元で、到着すると、けっこうな釣り人。空きはあるが、少し離れた場所を選んだ。どうせ釣れないんだから、どこでも一緒でしょ(^O^;) 皆さん、アタリねぇー!!って言ってるし!っとその時、長っ竿で1.5mダナ位の人がしぼったようだ。さてこちらもセットでスタート。…な~んもない…か、と思いきや、一時間位経つと、小さくサワったような?それから、時々、小さくサワるような気はするが、ここからの進展が無い。そこでタナを深めてみる。更に動かなくなった(^O^;) タナを戻し、バラケを軽い物にした。サワリは戻るが最初と変わらない。次は段差を40cm→70cmへ。ついに小さくアタったが、空ツン。ここから、とっきどき小さくアタる。これをアワせるも、全て空ツン。おっかしいなぁ、ジャミかなぁ…と思った時、ひっかいた。やっぱヘラだ!!段差を55cmにすると、やっとのった。尺2寸は余裕であるが、痩せてて、汚っい!これが最初で最後かも…心の葛藤と戦いながら、撮影を諦めた。
【40上連発!】
 この後しばらく、アタリも無く、今日も景色かな…と携帯を手に取ろうと思った時、2節入った!これは重い。鯉…?なかなか顔を出さない。やっと顔を出した。ヘラだ!!これは、撮影に充分!久々の、野釣りで40オーバー、そこからは、そんなアタリでもう一枚。これも、40オーバーだ(^_^)v この後も、アタリは続いたが、後2枚、口外で、浮子も、見づらくなって来たので、納竿とした。この頃になると、モジリも頻発!3枚目のは、腹パンで、ハタキは間近か??

荒川 [羽根倉橋上流]

釣果:2枚 11~16時過ぎ迄
まずまずの型です まだ本格的な時期には早いが、探査を兼ねて、いつもと違うところへと羽根倉上流にやってきた。この辺りは、だいぶ以前に来た事があるが、土手に上がる道もなく、当然川に向かう道もないという、なかなかアプローチしにくい場所。それでも、赤や、緑に塗られたMY台が、点々と続いている。入ったところは、緩やかなカケアガリで、いい感じ。16尺で、深さを探ると、3本強位か。釣れないだろうなあと思いながらバランスの仕掛けを仕舞い、外通しドボンの仕掛けを作る。錘0.5にB11cmの浮子。バラケに、超古いばらけるペレット、グルテンLL、1:1のペレグル(というんでしょうか ^^;)ま、アタらなかったら早めに帰りましょ!と思っていたら、1時間程でカチッとアタり、何か掛かった。引きが強いので、ハヤではなさそう。鯉?マブ?と思ったら、ヘラだった。疑心暗鬼で上げているので、引きを楽しめなかったが、しっかり玉網に納め、撮影。やった~、釣れたじゃん!しかしこの後、風が強くなり、天気雨まで降ってきた。うねりの中、アタリを取ったが、これはスレ。ハヤやモロコも寄ってきたようだが、この後なんとか1枚を釣り、風は治まってきたが、4時を廻って、日が傾いてきたので終了とした。

市野川

釣果:0枚 10:30~18:10 竿:14尺 ドボン
やっちまった!(ToT) 今日こそ釣る!!気合いを入れて到着。濁り有り。流れ緩やか。泡付け有り!!良し、絶対だ!!この思いでスタート。されど待っても待ってもアタリは来ない。途中からおやびんも参戦!しかし、竿を置いている時、何かにハリスをちぎられたのみ!あとは、夕方迄、どちらの竿にも何も無かった(ToT) 所員Bが単独で荒川辺りへ出かけ、良い思いをしたらしい。本日はそれに期待しよう(ToT;)

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。