Entries

荒川本流(治水橋下流)

釣果:3枚
11:50~17:20 竿:10尺 タナ:天々
 本日は、風が吹いたらやめとこうと思ったが、さほどでもないので、ゆっくり出発。いつもながら、びん沼はすごい人出。本流にさしかかると、最近は、いつも人がいて、座れない場所が、空いている。こりゃ、やるっきゃない。と、そそくさ急ぐ。ここは、最近ずっと同じ人が、来ているんだろうか!?車の通った形跡がない。車の両サイドが枝や葉でキーコーキーコーなりっぱなしだ(T_T;) まあ、それでも到着して、なんとかスタート。ここでは、たいてい十尺でやるので今日もそれ!!しかしアタリが出る迄に30分かかったが、消し込んだ。ここからが今日のつらい一日の始まりだった(^O^;) 時々、スパッと消し込むが、全て、バレる。小さく入るアタリを待つと、かなり大型のスレだ。途中、12尺に変えたり、比較的、馴染み際にアタったりなので、バラケの比重、タッチ等々…ハリスの段差や長さを変えても変わり映えしない。それにしても、なんだろ??と、一日悩み通しだった。要は急に涼しくなって、食い気がないのは分かるが、これだけ喰わせる事が出来ないとは…へったくそなんだなぁ…と反省しきり。喰った3つは、皆、写真の6,7寸サイズ。スレは、だいたい尺以上だった。まだまだ修行が足りんm(_ _)m
Photo

丸堀

釣果:14枚
13:00~17:40 竿11尺 タナ80cm
 さあ、今日はウィークデーの丸だv(^O^) ちんたら到着すると、やはりガラガラだ竹藪桟橋が、貸切なので、ここにした。しかし、今日は、すんごい水面が汚い(-.-;) 何で!?とは思いつつも、スタート。最初から、喰いは渋い設定で、バラケの比重を重く小さく、段差をつけて始める。やはり、フワフワとして、落とさないが、少し経つと、小さく入る。ジャミだとは思いつつも、アワせてみると、ヘラがのって来た(^-^)/ そこからは、そのアタリに照準を合わせ、仕留める。しかし、やはり喰いは浅い事が多く、バラしが多かった。それにしても、今日は、何故か、サイズが、みな、写真のサイズだ。最高でも尺1寸サイズだった。
Photo

昭和池

釣果:9枚
7:00~15:30 竿:16尺→13尺 タナ:天々
 さて、本日はウィークデーなので清久大池に着くと、けっこう空いてる。ここにしようかとも思ったが、今日は、長竿が振りたい。と思っていたのでこちらに変更。けっこう車がならんでいる。事務所迄、到着すると、外側は、かなりの人出だ(-.-;) ふと、入り口のフェンスに目をやると、料金が\990→千円に値上げ(^O^;) その隣に…!!タナ1M以上、オカメ禁止の文字が…(T_T;) 知らんかった~浅ダナはやる気が無いので良いが、ここで、自由釣り場のほうへ…とも考えたが、ええい、デコも覚悟よぉ!!と中程の外向きに座を開く。途中、歩きながら、他の人を見ると、確かに、長竿の人は数人いるが、殆どの人が13尺位だ!(*_*) 丈八辺りで、と思っていたが、ひるんで、16尺を選択。両ダンゴは、勘弁なので、思い切って、グルテンのセットでスタート。一投目からアタリだ!(^O^) しかも、ジャミっぽくない。2投目もアタったが、いずれも落ち込みアタリだ。魚は、上っぽいが、話にならない程ではない。幸い、浮子も浮力の無いものなので、もう少し粘りを出し、ゆっくりタナ迄もって行き、じっくり喰わす作戦へ。見事5投目で、一枚目を仕留めた。ここで、既に、外側は、一杯で、網中しか空席は無くなったようだ。ウィークデーなのにすげぇ~と感心してる場合じゃない。3枚目迄は、1時間もかからず釣れたが、ここからは、ぜ~んぜん駄目。小さくサワったり、アタったりするが、小さなアタリをとると、スレがバラしになる。ご存じの通り、ここは魚のサイズがでかいので、スレの連続=腕&肩が、死ぬ(^O^;) それでも、なんとかそこそこに釣れてるようだ。皆さん、途中から、2mだ1mだのタナにしているが、さほど効果は無しと判断。この深さで、頑張る。8枚迄上げた所で竿ケースを覗くと。そうだ、丈三の仕掛けがねぇんだ。まあ、上でも、釣れ方は同じだろう。と衝動的に、竿変更!(^O^) しかし、これが失敗で、全く駄目だった。ヤバい。撮影できない。やっと消し込み一発、写真の一番小さな尺1寸を釣って、しばらく頑張ったが、グルテンも無くなり、これがラストとなった。だいたいわかったので、近々、又、挑戦してみたい(^_^*)
Photo

石屋下

釣果:18枚
13:00~17:40 竿11→9尺 タナ1m
 今日は、昨日からの疲れもあり、ゆっくり…とは行かない。新会員(ヘラ遊さん)と命名!?(^_^*) このヘラ遊さんが、どうも昨日で、燃え尽きていない御様子。そこで、土曜日に、様子を見に行った明秋へ。土曜日は、水没ギリギリだったので、大丈夫か!?とは思ったが、こちらは、昨日の雨が強かったようで完全に水没だ!(-.-) 釣り台を出せば、やれない事はないが…。しばらく考え、石屋下に向かった。到着すると、こちらはかなりのにぎわいだ (^O^;) 夏場は、来た事が無く、夏前位に一度だけ来て、かなり、渋かった思い出がある。駐車場側に空きを見つけ、支度をしながら様子を見るが、かなり渋そうだ。先にスタートした、ヘラ遊さんが、すぐに鋭いアワセ(^O^;)あっ、それ、多分ヤマベです。と、説明し、始めるも、やはりかなり渋そうだ…って又、ヘラ遊さん、鋭いあわせ…(^O^;)って、おいおい、今度はしぼったよぉ。なんとかなりそうだと思い、こちらも一枚目を仕留める。しかし、ヤマベの攻撃が、かなり強いので、9尺に変更し、バラケの比重を重く、粘りを出し、浮子は小さめで、やってみる。これで安定して喰いアタリが出るようになった。ヘラ遊さんも、12尺から8尺に変更し、けっこうな釣果が得られた。本日も、お祝いを兼ねて、ヘラ遊さんが、仕留めた。綺麗な尺1寸ちゃん。これで、連休中の釣りにも、満足して、いただけたでしょう(=^▽^=)
Photo

三名湖

釣果:42枚
 今日は昼から雨が上がる予定だが、相当な雨だ。Y氏は、エンジンの掛かりが遅いようで、車で待機。所長が新人K氏を引き連れて来て、またまた、浅ダナセット釣り師の誕生だ。こんな事ではいかん、チョーチン両ダンゴの神髄を見せつけなくては!と思い、普段なら、13尺辺りで、ベレット系のダンゴから入るのだが、今日は、最初から9尺で、決まりエサのヤワネバダンゴの本気モードで開始。他が釣りを開始していない間に4枚を釣り、先行。天気は悪いが、水は温かく、魚の活性は高いようだ。珍しくY君が、両ダンゴでやっているので、ダンゴエサの配合を教え、作ってあげると、なかなかいいペースで釣れ始まり、結果、彼の最高釣果になった。セット組のK氏もまあまあのペース。所長はいまいち。やっと、Y氏も起き出して開始。途中穂先から仕掛けが切れ、13に替えてみたが、途中で捕まって、浮子が馴染まないので、9尺に戻す。ハリスは、40-50から入り、馴染まないので20-30 にしてみたが、馴染むことは馴染むが喰いアタリが出ない。30-40でちょうど良かった。一旦は止みかけた雨が、激しくなったので、11:30に中止とした。そして、マジかよ?と思ったが、3時頃よりびん沼で第2ラウンド。皆さんやる気ありすぎ(-_-;) びん沼は、濁りが入り、流れが付いていた。普通なら、すぐにアタリがあるはずなのだが、魚っ気がなく、かなり渋い様子。それでもなんとか、2枚上げ、6時前終了。
Photo

円良田湖(羅漢岬)

釣果:20枚
7:30~15:30 竿 11尺 タナ1m
 今日は、新会員にレクチャーをしながら楽しんでもらおうと、ここへ来た。羅漢岬に空きを見つけ、スタート。所員Bが、バラケの作り方を教える。それを横目にこちらは、一枚目を軽く仕留める(^_^)v 今日は、濁りも入っていて、気温も低めで、魚がわいて来る事も無さそうだ。が、なんかアタリが変だ。ふっと横を見ると、所員Bがタナの取り方を、新会員Y氏に教えている仕掛けにワタカが、ダブルでついて来た(^O^;) しかし、こちらは、フワフワするだけで、ワタカはついて来ない。意外に渋いと判断し、喰わせを、トロ巻に変える。しかし、なかなかアタリにならない。バラケを粘りの強いタイプにし、エサ落ち迄待って、決めアタリをじっと待つ。この釣りの繰り返しで、やっと、この釣果。所員Bが、タナ、竿の長さ、いろいろ試してみたが、さほど変わりは無いようだ。所員BもY氏も、さほど変わりの無い釣果だった。もう少し、釣果があがると思っていたが、今これでは、冬の釣果が思いやられる(*_*;) 今冬は敬遠か…写真は、Y氏の釣った、綺麗~な、尺1寸物
Photo

丸堀

釣果:3枚 10:00~16:00 竿11尺
 この頃、忙しかったり、大雨だったりで釣りに行けない事、たびたび。今日も、疲れてはいたが、行こうとすると、雨が…しかし、なんとか丸迄たどり着くと、ガラガラだ。まあ、釣れてはいないだろうと思いながら来たので驚きはしないが、案の定ひどいもんだった。ジャミばかりで、何をやっても、喰って来ない。釣果も、ダンゴで1枚。トロ昆で1枚。オカメで1枚タナもカッツケから片ズラシ迄やったが大差無し。Nさんも、後から来たが、ひとボールで、とっとと帰る始末(^O^;) ほんと今日は、言う事無し m(_ _)m 写真は上がりベラ。Photo

神流湖(群馬県側山水桟橋)

釣果:64枚
 いつものように暑い時はお休みして、雨で気温が下がってきた感じなので出陣。ここのところの雨で、増水していると思いきやかなりの減水。水色もあまり良くない。前回の、埼玉側桟橋では型が悪かったので、こちらの方が少しはいいかと思って来てみたが、結果を先に書くと型は最高で9寸止まりと、いまいちだった。桟橋には6時過ぎ到着で、お客さんは右端に一人だけ。自分は反対側の東向き。13尺天々で6:30に開始するも、普通なら、すぐヤマベなどのアタリがあるのだが、さっぱり。水色も悪いので、今日は渋いかな~と思っていたが、30分もすると、モジリも近くなってきてアタリが出てきた。パタパタと3枚あげたが、モジリの感じと、浮子の馴染み方から見てどうも上のよう。そこで早々11尺に替えたが、浮子の馴染みが悪い。11枚釣ったところで、竿はそのまま、針をトロ掛けに替え、浅ダナにしてみるとスパッとアタり、好調。このままやれば、数は伸ばせるが、24枚釣ったところで飽きたので、また天々に戻す。しかし、途中で捕まってしまうのでまたまた13に。エサも前回多少効果のあったペレット系にしたが、相変わらず7,8寸ばかりだ。それも、馴染んでしまうとシラ~っとしてしまうようになったのでまたまた11に。エサも天々をベースにし、タナも2本半にしたところでイレパク状態。64となったところで、エサが無くなったので2:30終了とした。

Photo

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-