Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神流湖 [柚木沢ワンド]

釣果:ナシ
 前日の雨で、予定したところがダメになり、神流ならいいんじゃない?と言う事でやってきたが、場所までは、決めてなかった。大栃ワンドはどうかと思ったが、やめて農協ワンドへ行ったが、満タン。で、こちらへ。ここも写真の混み様。角に立っている人が、竿を3本位出している。小屋の方にも2~3人いるし。仕方ないので囲いの中へ。所長は、22尺で底の取れる所に陣取った。14尺でやり始めたが、ヤマベかハス。その後岸寄りに移動して、15尺で底を狙ってみたがへらのアタリはありませんでした。
20170514.jpg
スポンサーサイト

円良田湖 [常管桟橋]

釣果:9枚
 B「所長!我々には【リハビリ】が必要では?」所「うむ、そうだなあ…」
という事で、今回はすんなりここに決まった。とは言っても、ここが簡単にいっぱい釣れちゃう…と言うワケではない。型が良くなった分魚の絶対数が減っているからそう簡単ではない。ゆっくり出ても、ここなら近いので、なんとかなる(^^)? という読みだ。着いてみると、何だ?例会が入っていて、舟が一杯。旅館~梨の木も一杯で、「常管に入って下さい」だと…(-_-;) しかしこっちも結構入っていて、A桟橋の角っこへ。10時頃に開始。支度をしながら周りを見ると、アワせてないし(^o^;) (なかには、1枚とか、オデコで帰った人もいるほどだった)やっと、バランスで、天々が出来るよぉ~と、13尺で開始・・・はぁ?浮子が立たない。3本で底ですか。底用のエサも、マッシュもグルテンもみんな置いてきたよ。底を切ってやってみたが、全然アタりません。底に戻すとアタった。掛かったがこれはスレ。しかし、宙でやってる所長も全然アタらねえ…とボヤいている。こういう時の円良田はやっぱ底かな?と思い、続行。なじみ幅が出る所(この辺り、後ろと右側からの傾斜がある)でやり、ジャミアタリに悩まされながら、なんとか6つ拾い、いつもの「どうですか~...よろしく~」の人が廻って来た後3つ追加。雨の予報はなかったが終盤にパラパラ降って来た。エサは、両ダンゴ。天々、マッハを軽麩で締めた、さっくりした感じのエサが良かった。
泣き40

円良田湖 [羅漢岬]

釣果:7枚 12:40~15:40 竿:11尺 タナ:90cm
20150720.jpg 暑くても今日位行かなきゃ…とゆっくり家を出て、ここを目指した。到着すると、なんとか羅漢に入れそうな場所が…。料金を払って…\600?値上がりしたのね(-_-) 前迄放流バッチがあれば\400だったのにぃ(=_=) まぁそれは置いといて…。座を構えようとすると、左手の人は寝ている。右手の人もアワせる気配は無い。魚も見えない…なんだ?この時期に…釣れて無いってどういう事!?まあ両サイド共タナは深い。底近だな。確かここは岩や石で底は出来ないはず。支度をしていると右手の人がやはり底掛かり。底ギリギリなんだろうな…なんでそんなとこやってんのかなぁ…と思いつつ、タナ90cmでスタート。すぐに浮子に反応はあるがどうもジャミっぽい。しかし10分もすると浮子がズーンと入った。アワせてみると、おお!すぐに最初の魚を仕留めた(^_^)v なんだよやっぱ上じゃん!!と気を良くし、即リリース。最近ここは尺1~3寸位がアベレージサイズ。時々40cmが混ざる位。しかしこの後、しっかりしたアタリが出ない。最初は柔粘タイプでスタートしたが、良いアタリが出ないので、ボソに作り変える。するとアタリが出ない。そうか、うわずってる奴らがいるだけなのね~っ、とタナを1.2m位に変える。しかし結果はたいして変わらず、アタリは更に無くなった。今度はカッツケにしてみるとカラツンオンパレードだ。しょうがねーなぁ…とタナを90cmに戻し、オカメのセットに変えたところで「どーですう?」と事務所の人が釣果を聞きに来た。「全然!」と答える。まださっき始めたばっかりですけど!?(-_-)ってもう3時近いやん(^O^;) まぁまだ時間あるしぃ!と余裕ぶちかまし^O^; しっかし釣れね~なぁ~。ここで暑いし、嫌になって来て、もう帰るかぁ…とも思ったが、ここ来て1枚で帰って来たなんて言おうもんなら、所員達に何言われっかわかったもんじゃね~。まだ時間はたっぷりある!とセットをやめ両ダンゴに戻し、タナを50cmへ。しかしカラツンばかりで状況はかわらない。そぅだ! ハリスをつめよう。40cm50cmのハリスを徐々に詰めていき、25cm35cmにするとやっと決まった。バタバタ3枚出た時「本日の釣りは終了です」との放送。…桟橋だけじゃね~の?5時位迄はやる気だったが右手の人もかたずけ始めたし餌も無くなったので、そのまま納竿とした。結局最後の30分で6枚…。なんとなく今日の正解をつかめたところでの終了だったので、納得して帰った。餌は柔ネバの短バリスが良いようです。なを現在の常連の釣り方は丈一~三の底ギリギリのダンゴがセオリーのようです。

間瀬湖

釣果:9枚 13:00~17:45 竿:11尺天々→14尺天々→2.5m
 今日はどこへ行こうか迷って、円良田湖で陸っぱりでチャレンジ!!と出発!高速はどうせ渋滞だろ!?とのんびり下の道で^0^; 陸っぱりならどっか空いてんだろ!?と到着すると一周回ったが、びっしりだ(T_T) 桟橋に空きはあるが、それじゃ先週の所員と一緒なので能がない。悩んだ挙げ句、間瀬へ向かう暴挙にでた\(^O^)/ もう11時過ぎてんだよなぁ…。気合い一発、間瀬迄ぶっ飛ばした!到着すると、桟橋はガラガラだ。しかし舟と陸っぱりはかなりいる。ここで陸っぱりを選択すれば、所員に後で「ケチ!」と罵られるに決まってる(-_-) ここは半日券は無い。泣きながらお金を払ってガラガラの桟橋へ。お!?桟橋貸し切り~\(^O^)/ とりあえず、なんにも分からないので丈一の両ダンゴでスタート。昨日のスポーツ新聞に間瀬の21尺両ダンゴで絶好調って書いてあったような…。良く見ときゃ良かった(>_<) しかし舟の釣り人から「上の方…丈一位が良いみたい」と言っている。やた~!!と思い、頑張る+頑張る+頑張る=アタらねー(ToT) ギルアタリばっかりで、猫大喜び…とはいかず蒼鷺大喜び(^O^;) ギェーギェー隣から離れない(^O^;)…と言う事はさておいて、ダンゴをもう少し締めてみると、やっとアタリが出た。本日初ヒット!型も尺一とまずまず(^O^) しかし後が続かないので竿を変更する。すると、今度はすぐアタり、4枚迄出た…ところで、どうもアタリがおかしくなって来た。ダンゴを調整してみるが、カラツンかギルばかり、しかし落ち込みアタリでスレる。「よし!上だ」とタナを2.5m迄上げるとしっかり入って決まった感じ(^O^) しかし時既に遅し。もう17時をとうにまわっている。餌も無くなり納竿・・・しねぇよ!!と、もう少しダンゴをつくり、日没迄頑張ったが「つ抜け」迄は行かなかった(ToT) なんといってもスタートが遅過ぎた。
20140915.jpg

円良田湖 [常管桟橋]

釣果:12枚
 たまには管理でも…と思って、頑張って早起き。8:30 頃には出発(^_^;) あ~、朝食がまだね…と、三芳S.Aでのんびり、パンとコーヒー。UCCのコーヒーは美味しいです。管理事務所に到着し、ノートをちらっと見ると、9、10尺辺りの浅ダナで釣れてるみたい。旅館桟橋に入りたかったが、近くに車が駐められないんですね。それですいてるわけだ。梨の木辺りは一杯(平日ですぜ -_-;)そこでガラガラの常管桟橋へ。まっすぐに伸びている桟橋で10時に開始。まあとりあえず13尺天々の両ダンゴ。ベーシック、ライト、ミッド(今年は、ベーシックでと去年から揃えたんですが、やっと○9が無くなってきました)なじみ際からアタり始め、なじむとしら~っ。晴れてるし、水が澄んでいるので、すぐ魚が上に見え始めた。こーりゃあもっと上だな…と、すぐに10尺天々にチェンジ。程なく1枚目。デカイ!(ここにしては ^^;)とお写真。2枚目は、もっと大きい。あー、暫く来ないうちにずいぶん大きくなったのね…。じゃあちょっと遊んで、一本半~二本でペレ宙(宙ペレ、ライト、しめかっつけ)。しかし、これが失敗の元。スレ、バラシの上にハリス切れ、針が伸びる…と、トラブル続き。特にが○かつの改良や○ず5号は、欠陥じゃねーの?と言う位伸びちゃうんですね。某釣具店で買ったG○N6号も。ハリスはいつものレブ○ン0.4。おっかしーなー…魚がデカイ?アワせが強い?竿は某メーカーの中でも一番柔らかい部類に入る竿なんだけど(-_-;) そんなこんなで「どーですー?」と眼鏡のあんちゃんが来た時点(2:30)でたった5個。もう怒った(^_^;) 天々に戻し、ガッテン、モジリ、軽麩のヤワネバだ。ここから終了のアナウンス(3:30)迄に7枚を追加し、終了とした。他の人は、2,30枚釣れてたようで、自分はこのエリアの竿尻尾(そんな言葉あんのか?^^;)になってしまった。
針は、右が使用前のG○N6号、黒っぽいのが、や○ず5号。
20140909.jpghari.jpg

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。