Entries

土浦ドック

釣果:2枚 10:30~17:00 竿:13尺 タナ:2m
 今日は、所員Bを連れて、どこへ行こうかと悩んだ。近場は、どこも水の状態が、良くなさそうだ。ここなら大丈夫でしょ…って事でやってきたが、東の風が強そうだ。ここは風が強くなると、うねりがでてアタリなんか見えたもんじゃない。なのでドック湾内の奥の方へ…って言うか、釣れているからか、どこもほぼびっしり釣り人が入っている。なんとか探して、座を構えた。所員Bは…。ここは、夏場は確かマッシュ系の餌がよいはずだ!とグ◯バラと合わせた餌で、メーターダナでスタート。反射で浮子が見にくい(-_-)頑張って見ていてもアタリは無い。隣の釣り人は、丈五位で底か…2枚上げた。…おっかしいなぁと、タナを段々深くして行く。2m位のタナにした時、遂にアタった!しかしカラツン。しばらくこのタナで頑張ってみる。時々サワリっぽく浮子が動くが落とさない。なんだろう…所員の所まで行き、アタった?アタリなんかねー(-_-#) こんな会話をして戻る。戻って次の一手!ダンゴのセットに替える。少しするとやっと写真の1枚目を仕留めた。これはダンゴを喰って来た。ここで両ダンゴに変更。するとアタリが出るようになった。所員Bに、おいおい!2mダナ位でダンゴだぜ!と伝えて戻ると、すぐに2枚目が出た。型は同じ位。良し!今日はこれだ!と余裕ぶちかましで、所員の所で昼飯。所員は同じ事やってちゃつまんねーだろ!と底に変えた。すぐにアタって凸脱出\(^^)/ と思ったのもつかの間。そこに停泊する船が戻って来て、撤収を余儀なくされた。この後、自分の所で始めた。こちらも余裕ぶちかましだったので、魚に嫌われ、追加釣果は無く納竿とした。
20170618.jpg

桜川 [学園大橋下流]

釣果:1枚 10:30~17:30 竿:13尺のドボン→11尺のドボン
 本日は、所員Bから、印旛沼方面に行きたい!とメールがあり、付き合ってやる事に…もうこの時点で、凸確率99%だ!と覚悟し、出発。備前川がどうのこうの、なんちゃらかんちゃら言っているが、頭の中では…どうせ凸だろ!?と思っている(^^; 案内された場所(ハタキ場)に到着して見てみると、確かにヘラが浅場でうろうろしている。期待はふくらむが、たいしてでかいのも居ない。せいぜい40ってとこか…しかも水深も50cm無い位。……これ、昼間は無理だよねぇ!と諦め、他の場所に移る。桜川を見てみると、釣り人もいるので、どうせ釣れねぇんだろ!?と適当な場所を見つけて、丈三のグルテンセットでスタート!かなり流れが強い。15m上流に葦群があって、時々何かがハタく!気になる。更に 流れが強くなり、一時間で、嫌になった。タチは2m位あるが流れが強いし、アタる気がしない(-.-) 葦群の方なら流れも避けられるか?と思い、水深を計りに行くと、こっちも1.5m位ある。しかし岸から1.8m位迄は、水深5cmもない(^o^;) まあ良いやあ…と引っ越して、再開。流れは気にならなくなったが、なんせアタリが無い。もう~?なんて思っていると所員Bがしぼって写真のヘラを仕留めた!!するとこちらも、浮子が、消えた!あわせると、ギューン!やっとの思いで引っ張ると、50cm位の鯉(T^T) 所員はヘラを仕留めて、余裕の高笑い(-_-#) しかしここから、地獄が待っていた!やっとの思いで引っ張ってきても、手前迄連れてこれない!なんせ水深5cmですから!大人しくさせて、なんとかハリをはずすが、今度は、鯉が深場迄帰って行けない(^o^;) そんな事をやってる間に所員が快調にしぼる。後で聞いたら、マブ&アメナマと言っていたが、こちらからは、確認できずに、焦りまくる。するとまたこちらにもアタリが…ギュギュギューン!!半端ない引き!ようやく顔を出すと、軽く70cmを超える鯉(T^T)どんなに時間をかけてもこの水深では、手前まで連れてこれない。そんな事をやってるうちにようやく7号のハリが延びて外れた。しかしその後もアタリが続く。今度は40cm位のアメナマが来た。あ~もうやんなっちゃうなあ!なんて、本日の釣りを諦めかけた時、アタリがでてアワせると、尺三位のまぎれもないヘラを仕留めた\(^o^)/喜びいさんで、所員の所迄、見せに行き、泥を落とそうと一度水に入れると、小さかったはずのタモの穴から逃げられた(ToT) それで写真は、所員が仕留めたものとなった。まあ釣れたので、喜びながら、納竿とした。
20170416.jpg

土浦ドック

釣果:0
 「明日は天気はいいし、風もあまりないから、ドックでも行くか」と所長からメール。いやいや、本年度初釣りです(^o^;) でも今日は寒いのよね~。例によって、ドック前のファミマに到着して、朝食。時刻は10時ちょい前。風は最悪の北東。北岸は人で入れません。ということで、所長はビオトープ前を選択。風は最初弱かったが、徐々に強くなり、本湖から、うねりが入ってきて最悪でした。自分の場所は写真の横。12尺で1本ほど。所長は少し本湖寄り。15尺で、1本無いとか言って、写真の場所に移動。こちらの方が深いようだ。(だがしかしここは・・・^o^ ウフフ)こちらも底の状態は良くないようで、しばらくして根掛かって、浮子の上からプツン!何とか浮子は回収して、13尺で再開。所長がビシッと合わせたが、鯉。5m間隔でびっしり並んでいるバサーさん達に注目されてます。30-40でバラグルセット。アタリありませんねえ。たま~にアタると鯉。○ちゃんフィッシングじゃないっつーの!(-_-#) 風流れに、うねりで早々にギブアップ。所長は夕方まで頑張ったが、大鯉祭りで終わったのでした。帰りは三郷の事故渋滞に巻き込まれ、3時間も掛かり、トホホな1日でした。
鯉の巣窟

霞ヶ浦 土浦ドック (土浦港)

釣果:5枚 11:20~17:50 竿:13尺 タナ:2.5m バランスの底
 今日は所員Bが、どっか行こうぜぃ!と言うので、天気が悪そうだから…とこの場所を選択!最近の情報が全くないので…と思ったが、到着すると、かなりの釣り人がいる。ってか入る場所もままならない。雨はやんだが、これから風が強くなる予報なので、北側に入る場所[B1]を探した。何とか場所を確保して座を構え始めたが、うねりにバックウォッシュが凄い(-.-) とりあえずグルテンのセットでスタートするが、浮子なんか馴染むと、あるのさえ分からない時がある。しかしスタートするとすぐに所員Bがしぼった!!で、でかい…アメナマ^O^; …こちらもすぐに浮子が、す~っと入ってアワせるとアメナマ(-_-) そんな状態が4回位続くと、そんな感じも無くなった。我慢するも何も、これじゃ釣りんなんねえなぁ…と横を見ると、例会でもやっていたのか、さっきまでいた釣り人達が、こぞって撤収して行った。さっき見に行った時、そっちの方が、波は穏やかだった。しかしバサーが一杯いて、入れ替わり立ち替わりそこに行くので遠慮していたが、人が途切れ時に見に行くと、やはりこちらなら釣りになりそう。急いで、所員に声をかけ引っ越す\(^O^)/[B-15] 波はあるがこちらならまだ釣りになる。しかし、既に15時をとうに過ぎている。もはやデコを覚悟していると、16時をまわった頃、所員がしぼった。アメナマじゃない!!…鯉だった(^O^;) こちらも何やら浮子の動きに変化が…。しかしここで餌がなくなり、考えたが、釣れてもいない所員がマッシュが良いとホザいていたので、もうどうでも良いやぁ…と新べラグルテン底の単品、両グルでやるとすぐ、少し入った気がした。アワせると、写真の綺麗なへら。徐々に波も穏やかになっていき、最後は大型の素晴らしいヘラをあがりとした。マブとのWも飛び出し、楽しく納竿とした。
20160424.jpg20160424-2.jpg

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-