Entries

高滝湖 [不入ワンド~給水塔]

釣果:0
 完デコなので、釣りの参考にならないけど、以下駄文です m(uu)m
 昨年… 所「x月xx日 泊まりで高滝行くぞ」 B「はぁ?^o^;」
 最近になって、所「4/29-30で高滝な」 B「ええっ?G.W 中は渋滞するし、宿代高いんじゃないですか?」 所「問題ない!ノープロブレム 早く宿を予約しなさい」 B「・・・」
 君津のホテル(P迄100m以上も歩く 素敵な宿)を予約。まずは、明日の作戦会議を某所(注文した物が品切れなのに、何も言いに来ないで延々待たせる素敵な居酒屋)で。結論は、所「現地見てから決めよう…う~い、黒霧島のロックもう1杯な!」
 さて、高速飛ばして、まずは、不入りワンド周辺を調査。すると、各所でハタいてるじゃありませんか!!が、しかぁ~し、車が駐められないんですねえ。この千年に1度のビッグチャンスを断念(ToT) 駐車できるボート場(釣り券:¥640)の近くで開始。13尺で3本程としっかり深い。このブロックの形状のせいか掛かるので、底は無理。所長は、マッシュのピンポン球をぼっちゃんぼっちゃん。対岸のゴミ溜まりではバシャンバシャン。アタリどころかサワリさえも無い。所「昨日アタリがあった給水塔へ行ってみっかあ…」こちらは、2本程で底も取れますが、右にかなり流れるし、昨日ほどじゃないけど、風が強い。全然浮子に生命反応がありませんので、ギブアップ。右奥浅瀬に3,4人やってましたが。釣れなかったようです。帰りも海ほたる迄、大渋滞を堪能しました。
20170430.jpg

高滝湖 [給水塔]

釣果:0 13:30~17:50 竿:13尺 タナ:2.5m バランスの底
 さあ、本日から怒涛の9連休\(^o^)/ 昨年から狙っていた、高滝湖へ!所員Bに連絡すると、前日、遅く迄仕事だから、早くは出られないと 連絡が(-_-;) まあ、事前情報だと、あまり早くからは釣れないらしい…ほんとか?(^o^;) まあジタバタしてもしょうがないのでゆ~っくり8時出発で、大渋滞に巻き込まれる。それでも12時位に到着!すんごい風(T^T) 腹がへったので、いきなり蕎麦屋へ飛び込み腹ごしらえ(^o^;) 一応一周してみたが、ヘラ師が居ない。ってことで、給水塔の下へ。もうハタキは近いか終わったか?まあ本日は様子見…とマッシュ1:1 をぶち込む!しばらくすると、地元のへら釣り師が現れて、奥で座を構えた。なんだ?夕方狙いか?そうこうしてるうちに、給水塔の真下でスタートした所員Bが、もう飽きた様子。はや!と思った瞬間、4節スパッとアタった!魚いるじゃん!俄然やる気が湧いて来た。しかしそれから、アタリは4回あったが、全てカラだ。夕方、ホテルのチェックインがあるので本日は早めに終了。片付けてから、奥に様子を見にいったら、これぞ高滝ベラ!まるでタイのような50cm越えのへらが死んでいた…。明日はこれ釣るぞ!と1人意気込むのであった!
20170429.jpg

高滝湖 [不入ワンド]

釣果:2枚 8:30~18:30 竿:15尺 タナ:3.5mバランスの底
 今日は、巨べらで有名な?ここの湖に初挑戦。どちらかと言うとバスで有名だ。所員Bは先週の休みからマッシュやらハリやらを買い漁り、準備万端のようだ。さて到着してみると、へら師が…居ない!しかしここは、比較的、湖の周回がしやすい。とりあえず目標の「給水塔」を目指すと、だーれも居ない。今日は東の風が強く。ここで座を構えるともろに正面からの風だ。自分は短竿でメーターダナ位で問題ないと考えていたが、所員が「お前、バカだろ!?それは乗っ込みん時だよ!!」いや自分はその後もそんな感じでやるのがここの釣り方だと考えていた。まあしかし、初挑戦の場所で釣れた事がない(^O^;)ので、とうせ「デコ」なんだから「じゃ、どこでも良いぜ!?」と、もう少し廻ってみることにすると加茂橋のたもとにへら師発見!行ってみると、4,5人の釣り人が長い竿を振っていた。では…と自分達は風を考え、その隣の「とうとう橋」の横のワンドで座を構えた。風もあるのでとりあえず丈五で始める。もっと浅いかと思ったが、けっこう深い。マッシュベースのダンゴ餌でスタート。なんと所員は2m位の宙でスタート。すぐにギルの餌食だ(^O^;) こちらは少し右に振り込むと、掛かりが有り、駄目だ。左寄りに振り込むようにし、小一時間すると一節入った。アワせると、ギュギュギュー!糸鳴りする。…所員も「お!?なんだ?これはぁ~…でけぇ~」…60cmはあろうかと言う鯉(^O^#) ハリスを取り替え、しばらくすると、しっかり入った。今度は何か大きな鱗がついて来た。しかし鯉程の大きさでは無い。期待は一気に高まる。すると、鋭いアタリ。重たい…しかしけっこうおとなしい。これは…巨べらにしても重過ぎる。今度は70cmはゆうに越えているまんまる太った鯉。ただおとなしい。最後までおとなしくハリをはずされ、帰って行った。助かった~。仕掛けもガッチリだし、あんなのに暴れられたら、軽く竿をやられていただろう。危なかった。その後、今度は、10cmと50cm位の鯉。ここは鯉しかいないのか!?「底なんかやってっからだよ!!」と所員がからかって来るが、その間所員はズーーッとギルを釣っている(^O^;) しかし、昼飯も食ってしまって、あーうんざり!と言って車に昼寝に行ってしまった(-_-) 鯉も居なくなったのか、アタリも無い。しかし更に一時間程すると又浮子が動き出し、一節アタリ。又鯉かぁ!?と思ったが、今度は様子が違う。やたーー!!ついに本命を仕留めた\(^O^)/ ここのヘラは体高が高いのが特長と言う印象であったが、あまり綺麗ではないが、初場所なので御容赦頂きたい。何はともあれデコ脱出は嬉しい。昼寝に行った所員をたたき起こし、この後8寸程を一枚追加して、日没近くになり納竿とした。もう少し、勉強してから又、挑戦したい。
20160515.jpg

亀山湖(亀山ダム) [砂淵]

釣果:0 竿:14尺 1本 両ダンゴ
 というわけでその夜の作戦会議・・・。所「やっぱ明日は舟だろ?ん?グビグビ、あ、おねーさん大生もう1つね ^_-」B「そうですねえ、その方がポイント広がりますし・・・マップ見ますか?」所「う~い、明日だろ!ア・シ・タ」B「・・・」所「う~む、砂淵が釣れてるって出てたな」B「は?いつの事っすか?」所「1週間ぐらい前かなあ」(実際は2週間前、すでにハタキは終わっている…)ということで近くの折木沢ボートへ。所「へらどうっすかねえ・・・」主人「全然だめですよ~。年間50日位通う人が、アタリオデコって言ってましたからぁ」所「あっ、そっ ^^;」ここのボートは、万力を付ける木と、パラソルを付けるプラ木、あぐらがかけるスノコ、おまけに、オールは、アルミで軽く、支点にかかる所はゴムクッションがついていて、なかなかいいです。おまけに短い水棹まであります。砂淵手前ですでにグロッキー状態の所長。手前の通称「清水場」辺りの沈木に着船。B「ロープは?」所「んない!バンドがある」とりあえず水棹を2本挿して、ロープでなんとか固定。今日は、上が緑、下が白のセットらしい。B「その緑は何すか?」所「ヨモギ団子」どうやら、マッシュと、ヘラスイミーらしい。タチは、1本位しかない。ここでもぼっちゃんぼっちゃんとやってはみたが、ヤマベと、ブルーギルでした。これで私は、亀山6連続完敗。海ほたるで、お土産を買って、泣きながら帰ったのでした。20150510.jpg

亀山湖(亀山ダム)

釣果:0 (-_-)
 恒例のプチ遠征。G.W は混みそうなのでずらしました。どこにしようか候補はいろいろあったが、遠くはイヤ、舟は嫌い(^o^;) という所長の希望で、こことなった。最近(3/7)中央環状がつながったので、それで、アクアラインで行ってみます。木更津東で降りて、亀山までは、20km。陸でできる所って言うと、長崎キャンプ場(写真1)しか知らないので、とりあえず視察。一人もいませんねえ(乗っ込み終わったんだから当たり前か ^^;)所長「だめだなこりゃ」「腹減ったなあ」と、お蕎麦屋さんへ(もう昼ですね)本湖ど真ん中の島にある東屋下。ここも浅そうだが、水産センターの方に深場がある。水は澄み気味で70cmの減水。16、17尺 天々で、底だが、水草や木などで掛かりがある。所長は、○ルキューのサイトをプリントアウトした巨ちゃん用のブレンドをフムフムといいながらエサを大量に作って、ピンポン球2個をゴスケの13号に付けて、ぼっちゃん!ぼっちゃん!とエサ打ち開始。が、しかぁ~し、浮子は一切動くことはなかった。泣きながら宿泊所に帰還して、大量にビールを摂取したのだった。
20150509-2.jpg20150059.jpg

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-