Entries

高滝湖

釣果:0枚 9:30〜17:30 竿:13尺 タナ:90cm
2018-05-02.jpg 昨日は、木更津のホテルに一泊。戻ってひとり反省会(^^; ちょっと飲み過ぎたようで、5:00に出発しようと思っていたが、体が痺れて動かない(*_*) 結局6:00にホテルを出て、昨日、リサーチしておいた、駅前の吉牛で朝飯……えっ?やってねえよおい‼️(-_-#) 朝7:00からだって❗こんな吉牛初めて見たよ。仕方なく車を走らせると、おっ❗こんな所に◯◯太郎があった。しかも都内じゃ大体7:00からなのに、ここ6:30からやってるよ\(^^)/ ラッキーとばかり朝飯を済ませ、やる気満タン。8:10到着。今日も誰も居ないかなぁ…と廻ってみると、給水塔から右手に見える小さなワンドがあって、そこには、既設台がある。いかにもハタき期間限定って感じの場所だ。昨日も見てみたが、魚っ気は全くなかった。しかし既設台ではない場所で釣り人発見❗近づいて見てみると、グルテンと、ダンゴのセットで、やってるっぽい。とりあえずその老人に話しかけて見ると、地元の人で、先週47cmが出たよ⁉️と写真を見せてくれた。本当かよ〜うらやましいっス❗なんて話している時、1枚上げた。40cmない位だ。話によると、1日やってれば、デコって事は無いよ。これもちょっと体高ないけど。いわゆる高滝ベラは、少ないそうだが、やって見れば?と言って頂いた。既設台は、ハタきの時に仲間が使うが、皆さんGWは、田植が忙しいようで、来ないんだそうな。って事で気持ち良く使わせてもらう事に。いろいろ教えてくれたが、とりあえず丈三のマッシュでスタート❗ジャミがかなりいるようで、すぐにチクチクはじまるが、アタリはない。何だかんだやってる間に、そのご老人3枚釣った。と、こちらにも、アタリがでたが空ツンだ。こりゃ期待出来る❗と頑張っていると、昨日話しかけて来た茨城県の二人組がやってきた。昨日は、あの後から、ナイターをやって駄目だったそうな。そんな事を話している間に、また向こうで、釣った❗当然その二人組も入釣してきた。しかしこちらは何も無い。時々アタるが、空ツンばかりだ(T-T) 釣り人も増えたので、遂にこっちも、グルテンとダンゴのセットでやって見る事に。しかし状況は、更に悪化。アタリも出なくなった。茨城県の二人組も、全くアタらない、と泣いている。そんな頃、ご老人は、7枚釣って帰って行った。そのまま夕方が来てしまって、茨城県組も帰り支度。駄目なので、最後にもう一度マッシュに変えると、やはり夕方と言う事もあるのだろが、感じが良い。時々あるアタリに必死にアワせると、のった。昨日のマブに似ているが…半べだろうか…とりあえず測ってみるが40cmあるか無いかなので、どちらでも良い。こんなの釣りに来たんじゃねぇし…とガックリ肩を落として、今年の高滝湖は終了とした。来年は、きっと・・・(T-T)と泣きながら帰って来た。

高滝湖

釣果:0枚 8:30〜17:30 竿:13尺 タナ:80cm バランスの底
2018-05-01.jpg さあ、GW第2段❗朝4:00に出発…今日は、5月1日、今日は混んでなきゃ良いがなぁ…と高速に乗る。海ほたるの手前で、少し絡まれたものの、比較的順調に行って、7:00位に到着できた。一周廻ってじっくり観察するが、ヘラ師は、どっこにも(/。\;) とりあえず、昨年入った給水塔に向かう……。なんだ⁉️はるか先のほうではあるが盛り土で、囲いが出来ている…??わずかに魚の通り道はあるようだが…下に降りて見て廻るが…。風避けが幾つかあって、やっていた形跡はあるが、ここ最近の物ではない。ハタき狙いが終わった後の感じ。散々悩んだが、まあ魚は居るんだな…と判断し、昨年入った場所より、オンドマリに近い方へ座を構えた。確かこちらの方が浅いはず。ハタきの後なら、まだ第2段、3段の可能性があるはずだ、と判断した。なんせ、だ〜れも居ないから、全ては想像の世界だ(^^; とりあえず、スタート。あ〜今年も、ノーぴくかなぁ…なんて始めた時から半分あきらめモード❗がしかし、30もしないうちに浮子がスパッと無くなる‼️すごい手応え。何かは、分からなかったが、1号のハリスがち切られた。おいおい、鯉かなぁ…気を取り直してやるが、その後もう一度アタった。今度は、間違いなく鯉ではない。一瞬顔が見えた❗ヘラだ❗と信じたいが、これもハリスの中程からち切られた❗ちっきしょー!!とハリスを1.5号に変えた。しかしその後は、チクチクとジャミがつつくだけで、な〜にも動かなくなった。16:00を過ぎて、もう終了だな。と思った頃から、釣り人が、話しかけてきた。話を聞いていると、茨城県からやって来た人らしく、情報が欲しいようだ。こっちが聞きたいよ❗心の中でそう呟いていると、これからナイターだそうな…ご苦労様❗釣り人が離れ、そろそろ終了…なんて思っていると、餌落ちが、なんか怪しい。アタった❗今度は仕留めた。まぁ40cm位は、有りそうだが…マブだった。ガックリ来て納竿とした。

高滝湖 [不入ワンド~給水塔]

釣果:0
 完デコなので、釣りの参考にならないけど、以下駄文です m(uu)m
 昨年… 所「x月xx日 泊まりで高滝行くぞ」 B「はぁ?^o^;」
 最近になって、所「4/29-30で高滝な」 B「ええっ?G.W 中は渋滞するし、宿代高いんじゃないですか?」 所「問題ない!ノープロブレム 早く宿を予約しなさい」 B「・・・」
 君津のホテル(P迄100m以上も歩く 素敵な宿)を予約。まずは、明日の作戦会議を某所(注文した物が品切れなのに、何も言いに来ないで延々待たせる素敵な居酒屋)で。結論は、所「現地見てから決めよう…う~い、黒霧島のロックもう1杯な!」
 さて、高速飛ばして、まずは、不入りワンド周辺を調査。すると、各所でハタいてるじゃありませんか!!が、しかぁ~し、車が駐められないんですねえ。この千年に1度のビッグチャンスを断念(ToT) 駐車できるボート場(釣り券:¥640)の近くで開始。13尺で3本程としっかり深い。このブロックの形状のせいか掛かるので、底は無理。所長は、マッシュのピンポン球をぼっちゃんぼっちゃん。対岸のゴミ溜まりではバシャンバシャン。アタリどころかサワリさえも無い。所「昨日アタリがあった給水塔へ行ってみっかあ…」こちらは、2本程で底も取れますが、右にかなり流れるし、昨日ほどじゃないけど、風が強い。全然浮子に生命反応がありませんので、ギブアップ。右奥浅瀬に3,4人やってましたが。釣れなかったようです。帰りも海ほたる迄、大渋滞を堪能しました。
20170430.jpg

高滝湖 [給水塔]

釣果:0 13:30~17:50 竿:13尺 タナ:2.5m バランスの底
 さあ、本日から怒涛の9連休\(^o^)/ 昨年から狙っていた、高滝湖へ!所員Bに連絡すると、前日、遅く迄仕事だから、早くは出られないと 連絡が(-_-;) まあ、事前情報だと、あまり早くからは釣れないらしい…ほんとか?(^o^;) まあジタバタしてもしょうがないのでゆ~っくり8時出発で、大渋滞に巻き込まれる。それでも12時位に到着!すんごい風(T^T) 腹がへったので、いきなり蕎麦屋へ飛び込み腹ごしらえ(^o^;) 一応一周してみたが、ヘラ師が居ない。ってことで、給水塔の下へ。もうハタキは近いか終わったか?まあ本日は様子見…とマッシュ1:1 をぶち込む!しばらくすると、地元のへら釣り師が現れて、奥で座を構えた。なんだ?夕方狙いか?そうこうしてるうちに、給水塔の真下でスタートした所員Bが、もう飽きた様子。はや!と思った瞬間、4節スパッとアタった!魚いるじゃん!俄然やる気が湧いて来た。しかしそれから、アタリは4回あったが、全てカラだ。夕方、ホテルのチェックインがあるので本日は早めに終了。片付けてから、奥に様子を見にいったら、これぞ高滝ベラ!まるでタイのような50cm越えのへらが死んでいた…。明日はこれ釣るぞ!と1人意気込むのであった!
20170429.jpg

高滝湖 [不入ワンド]

釣果:2枚 8:30~18:30 竿:15尺 タナ:3.5mバランスの底
 今日は、巨べらで有名な?ここの湖に初挑戦。どちらかと言うとバスで有名だ。所員Bは先週の休みからマッシュやらハリやらを買い漁り、準備万端のようだ。さて到着してみると、へら師が…居ない!しかしここは、比較的、湖の周回がしやすい。とりあえず目標の「給水塔」を目指すと、だーれも居ない。今日は東の風が強く。ここで座を構えるともろに正面からの風だ。自分は短竿でメーターダナ位で問題ないと考えていたが、所員が「お前、バカだろ!?それは乗っ込みん時だよ!!」いや自分はその後もそんな感じでやるのがここの釣り方だと考えていた。まあしかし、初挑戦の場所で釣れた事がない(^O^;)ので、とうせ「デコ」なんだから「じゃ、どこでも良いぜ!?」と、もう少し廻ってみることにすると加茂橋のたもとにへら師発見!行ってみると、4,5人の釣り人が長い竿を振っていた。では…と自分達は風を考え、その隣の「とうとう橋」の横のワンドで座を構えた。風もあるのでとりあえず丈五で始める。もっと浅いかと思ったが、けっこう深い。マッシュベースのダンゴ餌でスタート。なんと所員は2m位の宙でスタート。すぐにギルの餌食だ(^O^;) こちらは少し右に振り込むと、掛かりが有り、駄目だ。左寄りに振り込むようにし、小一時間すると一節入った。アワせると、ギュギュギュー!糸鳴りする。…所員も「お!?なんだ?これはぁ~…でけぇ~」…60cmはあろうかと言う鯉(^O^#) ハリスを取り替え、しばらくすると、しっかり入った。今度は何か大きな鱗がついて来た。しかし鯉程の大きさでは無い。期待は一気に高まる。すると、鋭いアタリ。重たい…しかしけっこうおとなしい。これは…巨べらにしても重過ぎる。今度は70cmはゆうに越えているまんまる太った鯉。ただおとなしい。最後までおとなしくハリをはずされ、帰って行った。助かった~。仕掛けもガッチリだし、あんなのに暴れられたら、軽く竿をやられていただろう。危なかった。その後、今度は、10cmと50cm位の鯉。ここは鯉しかいないのか!?「底なんかやってっからだよ!!」と所員がからかって来るが、その間所員はズーーッとギルを釣っている(^O^;) しかし、昼飯も食ってしまって、あーうんざり!と言って車に昼寝に行ってしまった(-_-) 鯉も居なくなったのか、アタリも無い。しかし更に一時間程すると又浮子が動き出し、一節アタリ。又鯉かぁ!?と思ったが、今度は様子が違う。やたーー!!ついに本命を仕留めた\(^O^)/ ここのヘラは体高が高いのが特長と言う印象であったが、あまり綺麗ではないが、初場所なので御容赦頂きたい。何はともあれデコ脱出は嬉しい。昼寝に行った所員をたたき起こし、この後8寸程を一枚追加して、日没近くになり納竿とした。もう少し、勉強してから又、挑戦したい。
20160515.jpg

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-