Latest Entries

鉄塔前

釣果:8枚 12:00〜16:30 竿:12尺 タナ:1m
 今日は、曇り〜弱雨ってな訳で、これなら空いているであろうこちらへ❗曇りか、小雨予報なのに結構良い降りだねぇ(-_-) まあ風も弱いから大丈夫だろ!?っと、既設台に座を構えた。両ダンゴのタナ80cm位でスタート。まあびん沼なので、すぐに浮子は動きだすが、アタリが‥無い❗…う〜ん。タナを少し上げてみる。ジャミがうるさいのか、小さなアタリしか出ない。しかし、釣れて来ないし、スレ掛かりも無いので、どちらかわからない。今度はタナを1mまで深くしてみた。アタリは減ったがしっかりアタって1枚目を仕留めた。ちっちぇ〜❗7寸物だ、とすぐにリリース。その後もアタリはあるが、カラツンが多い。雨が凄くてアタリも見にくい。しっかりしたアタリを待とうとするが、のって来ない。馴染みっぱなのアタリは、しばらく放っておいたが、雨がひどくなってアタリがとれなくなってきたので、馴染みっぱなのアタリをあわせると、小ベラがのってくる。今日は型悪りぃなあ、などと苦戦しているうちに、覚悟はしていたが、パンツまでびっちょり❗限界を越え、10cm以上増水して来たので納竿とした。型は6寸〜9寸
20170815.jpg

大郷戸ダム

釣果:3枚
 夏は涼しく、お家でゲーム・・・のはずが・・・
 所「大郷戸ダム行くぞ」 B「は?所長が一人で行くって言ってたヤツですかぁ?」 所「待ち合わせ時間は、x時xx分」 B「お盆の真っ最中で渋滞しませんか?」 所「常磐道ルートで行けばダイジョーブ」
 所長のナイスなナビで着いた先は、田んぼのど真ん中。「おっかしいのう・・・」ピコピコピ…「よし、こっちだ!」 B「ここって農道では?」案の定、堰堤の手前で行き止まり。ナビ子「目的地に到着、ルートガイド終了」 「えええ~!」 幸い、堰堤に行く道路に出られた。
 いやいや、人が一杯。思い切り減水してるせいもあるが、小さい所だなあ。みんなヘラ師だ。見ているうちにどんどん釣れている。ここは、シジミがたくさんいるみたい。水の中はジャミギルだらけ。堰堤右の方で何とか入れる場所を見つけたが、地上の形状からして、なだらかな遠浅。17尺で50cm。堰堤寄りに移動したら1本ちょいありました。タナは、底をちょい切り。上流方向に流れがあるんですね。エサは前回のままなのでマッシュベースのダンゴ。すぐサワリが出始めたが、ギルでしょ?小さいので掛かりません。周りはばんばんヘラ釣ってます。やっとの事で小べらを掛けた。何しろ、風が強いし、浮子が見にくい。今度は、ベーシックにライトでやや粘り系のダンゴに変えてみた。これで2枚目が写真のヘラ。連続して3枚目。これでヘラ終了。堰堤寄りの人は、4,50枚釣ったんじゃないでしょうか。
20170813.jpg

土浦ドック

釣果:2枚 10:30~17:00 竿:13尺 タナ:2m
 今日は、所員Bを連れて、どこへ行こうかと悩んだ。近場は、どこも水の状態が、良くなさそうだ。ここなら大丈夫でしょ…って事でやってきたが、東の風が強そうだ。ここは風が強くなると、うねりがでてアタリなんか見えたもんじゃない。なのでドック湾内の奥の方へ…って言うか、釣れているからか、どこもほぼびっしり釣り人が入っている。なんとか探して、座を構えた。所員Bは…。ここは、夏場は確かマッシュ系の餌がよいはずだ!とグ◯バラと合わせた餌で、メーターダナでスタート。反射で浮子が見にくい(-_-)頑張って見ていてもアタリは無い。隣の釣り人は、丈五位で底か…2枚上げた。…おっかしいなぁと、タナを段々深くして行く。2m位のタナにした時、遂にアタった!しかしカラツン。しばらくこのタナで頑張ってみる。時々サワリっぽく浮子が動くが落とさない。なんだろう…所員の所まで行き、アタった?アタリなんかねー(-_-#) こんな会話をして戻る。戻って次の一手!ダンゴのセットに替える。少しするとやっと写真の1枚目を仕留めた。これはダンゴを喰って来た。ここで両ダンゴに変更。するとアタリが出るようになった。所員Bに、おいおい!2mダナ位でダンゴだぜ!と伝えて戻ると、すぐに2枚目が出た。型は同じ位。良し!今日はこれだ!と余裕ぶちかましで、所員の所で昼飯。所員は同じ事やってちゃつまんねーだろ!と底に変えた。すぐにアタって凸脱出\(^^)/ と思ったのもつかの間。そこに停泊する船が戻って来て、撤収を余儀なくされた。この後、自分の所で始めた。こちらも余裕ぶちかましだったので、魚に嫌われ、追加釣果は無く納竿とした。
20170618.jpg

荒川本流 [治水橋下流]

釣果:2枚
釣果:2枚 10:00~18:00 竿:11尺 バランスの底→15尺バランスの底→17尺のドボン
 さあ、今日は越辺川でも、と思い出掛けた。到着すると、何やら、水が茶色い…何だ!?油でも浮いてんのかぁ?と暫く眺めて、水を触ってみると、油でもなさそうだ??考えていると、常連さんが現れ「あぁ!こりゃダメだ。水が死んでらぁ」と言って、他の場所へ行くようだ。他に誰も居ないので、ひょとして独り占め?な~んて考えて、さあ釣り座の用意を…と思ったところへ、また別の常連さんが来て「あぁ、こりゃダメですね~一雨来ないと釣れないやぁ」と猫に餌をやり帰って行った。ここで自分も諦め、本流へ。本流に到着すると、お気に入りの場所に釣り人2人。少し離れた場所へ座を構え、両ダンゴでスタート。30分経過!浮子動かない。仕方ないので、オカメに替える。一時間経過…浮子動かな~い。丈五に替える。今度はとっき時小さくアタるが、カラツンだ。又、2時間経過。少しグルテンを作ってみる。…状況変わらず。この間釣り人4名に増える。しかし誰も釣れない。「やっぱり雨降らなきゃなあ!」……ここもかよ(-_-#) もう16時を過ぎた。ここで丈七のドボンに変更。一発目にアタった!マブだった(T^T) 他の人達は撤収(^o^;) しかしこちらは何とかアタリはある。諦めずにやっていると、やっとしっかりアタって、写真ちゃんを仕留めた。その30分後にまたアタり、7寸物を仕留め、この後も、好転しそうにないので、納竿とした。
20170611.jpg

大津川 [大津川橋北岸]

釣果:1枚
 常磐道、柏I.C からすぐのこちらへ。近くていいですなあ。しかし人が多い。何とか入れるところはあったが、ここはどうですか…。で、他を見にあちこち行ったが、さんざ走り回って、またここに戻ってきた。場所は、沼に近い橋と橋の間の常連さん一杯ポイント。釣り台を前に出して、12尺で底まで1本位。やや向かい風で、水面がゴミや油だらけで水をくむのも容易じゃない(T_T) もう夏のような暑さの中軽めの両ダンゴで開始。少なめに作った1ボウル目が、無くなりそうになった時、今まで動かなかった浮子が突然半節チクッと入った。上がってきたのは手賀沼らしいスマートな尺二寸。本日はこれで終わりだった。所長は逆に終盤で40前後のW(大きい方が、竿掛けに掛かりバレたらしい)所長のお気に入りの場所が一つ増えたようだ(^o^;)
20170521.jpg

神流湖 [柚木沢ワンド]

釣果:ナシ
 前日の雨で、予定したところがダメになり、神流ならいいんじゃない?と言う事でやってきたが、場所までは、決めてなかった。大栃ワンドはどうかと思ったが、やめて農協ワンドへ行ったが、満タン。で、こちらへ。ここも写真の混み様。角に立っている人が、竿を3本位出している。小屋の方にも2~3人いるし。仕方ないので囲いの中へ。所長は、22尺で底の取れる所に陣取った。14尺でやり始めたが、ヤマベかハス。その後岸寄りに移動して、15尺で底を狙ってみたがへらのアタリはありませんでした。
20170514.jpg

越辺川 [落合橋下流]

釣果:1枚 11:30~17:30 竿:16尺 タナ:1.2mのドボン
【気分はデコ】
 さあ、G.W も最終日!今年は数年ぶりにゆっくり休めた感があった。今日は、こちらを目指して、到着すると、対岸を含め釣り人は10人ほどか…けっこう長いの振ってんなぁ…と思いつつ、手前の階段の所に座を構える。グルテンのセットでスタートすると、今まで静かだったのに風が吹き出した。ジャミが多いのか、すぐに浮子がチクチク動き出す。しかし、しっかりしたアタリにならないので、なるべくハッキリしたアタリに合わせてみると、尺位のヘラがのった…がアッパーだった。それから30分位そんな状況が続き、スッと食い上げでやっと1枚目を仕留めた。たいした大きさじゃねぇなあ…なんて思いながら、続けていると又、一節アタリで乗った。おお!今度はでかい。手前まで来て、左前方に走ると、ガチッと何かに引っ掛かった。さっきから何か掛かるなぁ…とは、思っていたが、こりゃダメだあ!と階段の右端まで座をずらした。さあ、気を取り直して…と振り込もうとすると、風が強まって来た。波だって浮子も見にくい。アタリが小さいので、ハッキリアタるまで分からない。しかしスッパリ入るアタリは無い。頑張っていたが、雲行きも怪しくなり、カミナリが鳴り出した。ヤバいかなぁ…でもこのままじゃなあ…なんて頑張っていると、今度はでっかい雨粒がバチンバチン!こりゃダメだぁまあ遠くは晴れているので、にわか雨だろうが、風がやまないので、撤収する事に。帰る頃には、雨も風もやみ、最高の状態に(-_-#)今度は釣りたおしてやるう!
20170507.jpg

大津川

釣果:1枚 12:45~17:45 竿:11尺 タナ:1.2m バランスの底
【写しといて良かった~】
 さあ今日は、連休大詰め!まだ渋滞は無かろうと、やって来ました。この日の為に、練習を重ねて、流れがある時のバランスの底(^^; 今日こそ喰わせる!到着すると、3年前と同じ感じ。以前所員Bと来て、所員は、釣ったが自分は5mしか離れていない場所でアタリも無いという痛い目をみた経験がある特別な場所だ。場所を入念にチェック!やりたい場所には、コハクチョウが居すわっていて座を構えられない(-_-;) こいつら近づくと攻撃して来るからね~(T^T) そこから少し離れた水門のある南側に座を構える事に。仕掛けを作り直していると、もう少し下流でやっている地元の方が2回もしぼった。こりゃ今日はいけるなあ…と、ゆっくり仕掛けを作り直し、グルテンのセットでスタート。すぐに浮子は動き出すが全くアタリにならない。その間に近くにパタパタ2人入釣者が来た。そのうちの1人もすぐに釣れた。…何故だ??しばし考える。そうこうしてるうちにようやくアタリが出て、やっと一枚仕留めた。まあ、あまりでかくないが…とりあえず撮影。しかしこの後、アタリはあっても全てカラだ。(ー。ー#) この間も両サイドは面白いようにパタパタしぼる。……おかしい…そういえばさっき、場所を探している時、隣の人、段差ほとんどなく、餌がひとつしか見えなかった。しかも、いつもは、あまり気にしないが、魚も小さめで、けっこう暴れる。これはひょとして…グルテンセットをやめ、喰わせにオカメをつけてみる。一発で決まり!乗った…がしかしマブ。それからマブ連発(^o^;)) いくらやっても、6,7寸のマブばかり、もう陽も沈みかけ、飽きたので両ダンゴにしてみる。するとアタリがでて、40cm 越えのへらがスレがかり。ヘラはいてもなかなか喰わないんだな…とさあ、ここからもうひとふんばりだな!と思いふと時計を見ると、もう6時じゃないか!(>_<;) 残念だが、すぐに納竿して帰った。また今度頑張る。
20170505.jpg

川田谷

釣果:2枚 12:15~17:45 竿:15尺 タナ:1.2mバランスの底
 昨日、一昨日と釣行し、流石に腰が痛い!本日はお休み!と、ゆっくり起きたが…土日は用事があって実質、今日が釣行出来る最終日かぁ…なら、デコ覚悟で行ってみっかぁ…とやって来た。到着すると!!!!なんと、ぶっといポールが建っていて、中に入って行けない(-_-#) これはどうした事か!?と思いつつも、車を反対側に回し(どちらも同じポールが建ってる)中程迄歩いて行って見た。100m程歩いて、良く入っていた場所迄来ると、誰も居ない。車を停めた先の浅い方には、釣り人が結構いるが、一番良さそうな場所に釣り人は皆無だ。何だよ、この距離歩くの嫌なだけかよ(^^; と思いながら、荷物を下ろし、今日は南風が強まる予報なので…と、風が後ろになっている波の立たない場所まで来て座を構えた。ジャミがうるさいはずなので、最初から絞めた両ダンゴでスタート!30分もすると、浮子がチクチク動き出す。飽きちゃうからジャミ退治でもするかぁ♪とチクチクでもアワせられる位のアタリとタイミングを待つ。しかし、少しすると3節位スパッと入った。おお!もう少し大きな何かがいるようだ\(^o^)/ しかし大きなアタリは無い。又、小さくてもアワせられるアタリに照準をアワせて待ってアワせると、おお、何かのった!なんとヘラだ\(^o^)/\(^o^)/ 型もなかなか良い。体高もあって、綺麗……?じゃない!って言うか、タモですくおうかと思った瞬間、手が止まった。キズだらけと言おうか、病気と言おうか、あんた餌なんか喰って無いで、すぐ病院行きなさい!ってなヘラだったので、即リリース(-_-) 横を見ながら、あ~あ、せっかく釣れたのに、今日の撮影は、景色か!と既に諦めモード(^o^;) しかし小さなアタリはまだある。一生懸命アワせるが、やはりのらない。途中ギルが一匹釣れたのみ。ふと横を見ると、小亀がいたのですくってみた。ミシシッピー赤耳亀の子供。通称ミドリガメだ!自然繁殖しちゃダメだって!暫く水桶に入れ遊ぶ。さて小さなアタリに照準をアワせて、気付くと、今日はあまりジャミがうるさく無い事に気付く。そこでダンゴをもっと柔ネバにしてみると、なんとなく反応が良くなって来た。アタリが更に明確になり、スレやバラしがでた。やっぱりヘラだ!と頑張るが、アタリが小さくてしっかり仕留められない。飽きた頃、又、目の前を小亀が通過。水桶に入れて見ると、今度は掴んでも暴れない。放っておくと水桶の水面で、手足を丸め大人しくしている。観察してみると、さっきのに比べてしっぽも長い。ああ、これ草亀だ~やはり日本の亀は可愛ね~(^o^) なんて思っていると、又2節入った!やった~!ちょっと小さめだが、2枚目を仕留めた。今度は撮影(^_^)v 早めだが、餌も無くなり納竿とした。帰って来て気付いた。今日、木曜日じゃん!勘違いしてたので、あと一日、休みが 増えた気分\(^o^)/
20170504.jpg

荒川本流 [治水橋上流]

釣果:4枚 9:30~18:00 竿:13尺→15尺 天々 タナ:バランスの底
 本日は、渋滞予測では、半端ない予測。遠出は諦め、近くを狙って出掛けた。まず本流へ到着すると、お気に入りの場所は、先釣者が1人のみ\(^o^)/ 本年初なので、迷わず座を構えた。他の場所での練習も兼ねて、今年は、ちょっと違う釣り方をやってみたかった。まず丈三を継ぎ、バランスが出来るかやって見ると、意外に出来た。 セットでスタートしてみるが、意外にアタリが…無い!小一時間経った頃、突然アタったが、カラツンだった。しかしすぐさまアタリが出て…おお!良型のヘラ!すかさず撮影した。お腹ふっくらちゃん(^_^)v しかしアタリが続かないので、丈五に変更した。一発目に良いアタリで、今度は尺2サイズ。長いが体高があまり無いし、どうやハタき後っぽいので、撮影は良いやあ、と次へ。なかなかアタリは続かない。しかしなんとか拾いアタリで7寸ちゃんをしとめ、次はしっかり綺麗な32cm。しかしこの後は、アタリもほとんどなくなり、粘ったが、風や波でアタリも分からなくなり、諦め納竿とした。途中、午後から来た人が、19尺を出し、3枚あげたので、今日はもっと長いほうが良かったかも。
20170503.jpg

Extra

プロフィール

isi54

Author:isi54
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-